【見た目アウディじゃね?】コレがダイハツ「ビーゴ(DNトレック)」の後継モデルとなる新型「ロッキー」?早速ダイハツ・ディーラにて確認してきた!

スポンサーリンク

~まさかダイハツからサプライズ発表があるとは…~

via:https://response.jp/

本日10月23日より開催された東京モーターショー2019プレスデーにて、ダイハツブースよりサプライズ出展として謎のコンパクトSUVが出展されていた模様(しかもライブ配信も無かったのが意外)。

フロントデザインを見てみると、まるでアウディを想起させるようなシングルフレームグリルとフロントヘッドライトを持ち、これまでになくアグレッシブ且つスタイリッシュな外観を持つ一台となることは間違いないと思いますし、「これ、普通に売れるっしょ!」と思える程にカッコいい仕上がりになっています。

スポンサーリンク

~主要緒元やデザイン性を見ても新型「ロッキー」で間違いなさそうだが?~

via:https://response.jp/

ちなみにこちらの個体、サプライズ出展ではありますが、正式な名称は公表されておらず「新型コンパクトSUV」と記載されているだけで、しかし主要緒元を見てみると明らかに11月5日よりデビュー予定の新型「ロッキー」に間違いない内容となっています(それにしても正面から見たときのデザインはまさにアウディ…)。

ちなみに、「新型コンパクトSUV」の主要緒元内容は以下の通り。

全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mm
ホイールベース:2,525mm
車両重量:980kg
エンジン:排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジン
最高出力:98ps/6,000rpm
最大トルク:140Nm/2,400rpm~4,000rpm
乗車定員:5名
駆動方式:FF
トランスミッション:CVT
タイヤサイズ:195/60R17

via:https://response.jp/

リヤデザインはこんな感じ。
どことなく昨年公開された「DNトレック」を想起させるデザインであり、ボディカラーも中々に過激なレッド系(おそらくファイアークォーツレッドメタリック)にて身を纏い、足周りやサイドスカート、リヤロアバンパーにはプロテクタパーツが装着されていますが、ブラックの面積はそこまで大きくなく、意外にもチープに見えないのも良いですね。

また足元は17インチアルミホイールとのことから、必然的に上位グレードであることがわかります。

~インテリアは意外にも普通?~

via:https://response.jp/

インテリアはこんな感じ。
グレードに関係なく「ファブリック・レッドパイピング(前席)/ブラック(標準)」が標準装備。
センターコンソールにはハンド式サイドブレーキが装備され、その奥にはシフトブーツ付のシフトノブが採用されていますね。
ゴツゴツしさはありますが、それなりに質感は高そう。

via:https://response.jp/

ステアリングは3スポーク式ですが、その後ろにはパドルシフトが装備されていませんね。
エアコン類のスイッチは全て物理タイプを採用しています。

~早速ダイハツディーラにて新型「ロッキー」なのか確認してきた!~

なお、今回サプライズ出展されていた「新型コンパクトSUV」について、ダイハツ・ディーラの担当セールスに確認したところ、やはり新型「ロッキー」であったことが判明(担当セールスは既に勉強会並びに試乗会にも参加済み)。
OEMモデルであるトヨタ新型「ライズ」もほぼ同様のデザインとなりますが、新型「ライズ」はもう少しヘッドライトがアグレッシブになるそうです。

▽▼▽関連記事5選はコチラ!▽▼▽

Reference:Response

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう