【単なる誤記?】トヨタ「ラッシュ」の後継モデルとなる新型「ライズ(A-SUV)」の上位モデルには本革シートが採用されるとの報道。改めて装備内容や価格帯もおさらいしてみよう

2020-05-27

~本当に上位グレードでは本革シートが採用されるの?~

11月5日より発表・発売されるダイハツの新型コンパクトSUV「ロッキー」(ビーゴの後継)と、OEMモデルとなるトヨタ新型「ライズ(コードネーム:A-SUV)」(ラッシュの後継)の装備内容やボディカラー、エンジン、スペック、そしてグレード別価格帯を公開してきましたが、新型「ライズ」の上位グレード”Z”のインテリアに採用されるシートが本革シートになる?との情報が公開されています。

上の画像の通り、自動車情報誌ベストカーにて公開されている内容をみてみると、確かに最上位グレード”Z”には本革シートが設定されると記載されていますが、正式にはグレードに関係なくファブリック・レッドパイピング(前席)/ブラック(標準)が標準装備となり、更にはメーカオプションでも合成皮革や本革シートが選択できないようになっているので(この辺りの内容はトヨタ・ディーラでの取材でも再三確認済み)、今回ベストカーが記載した内容は”誤記”の可能性が高いと思われますね(もしかたら本革ステアリングの間違いかも?)。


~改めて新型「ライズ」の基本情報をおさらいしてみよう~

ここからは、新型「ライズ」に関する主要緒元や装備内容、ボディカラー、そしてグレード別価格帯をまとめていきたいと思います。

①:ボディサイズ/競合モデル/エンジン/グレードについて

まずは気になる車体サイズについては、ダイハツ新型「タント/タント・カスタム」より採用されているDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を流用しながらも、先代「ラッシュ(Rush)」とほぼ同じとなる全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mmとなり、ホイールベースは2,525mm最小回転半径は前輪駆動モデル(FF)が4.9m、四輪駆動(AWD)モデルが5.0mとなります。

なお競合モデルについては、ホンダ「ヴェゼル」やマツダ「CX-3」が最も濃厚と言われていますが、これらの競合モデルよりも圧倒的にコンパクトなのが新型「ライズ」となります。

エンジンについては、これはダイハツ新型「ロッキー」と同じ新開発の排気量1.0L 直列3気筒ターボガソリンエンジンのノンハイブリッド仕様の1種類のみが搭載されるとのことで、駆動方式も前輪駆動(FF)/四輪駆動(AWD)の2種類、そしてトランスミッションは新開発のD-CVTのみがラインナップされます。

グレードについては、「X(エントリーグレード)/XS/G/Z(上位グレード)」の4種類をラインナップします。

②:グレード別の装備内容/燃費について

今回の新型「ライズ」では、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドは標準装備されることなく、手動のサイドブレーキが全車標準装備となります。
その他グレード別の装備内容としては、エントリーグレード「X/XS」が15インチの鉄チン(スチール)ホイール、中間グレード「G」が16インチアルミホイール、上位グレード「Z」が17インチアルミホイールというラインナップとなります。

シートヒータについては、前輪駆動(FF)モデルの上位グレードZと四輪駆動(AWD)モデルが標準装備(運転席・助手席)、それ以外のX/XS/Gの前輪駆動(FF)モデルはメーカオプション扱いとなります。

燃費については、(あくまでも目標値ではありますが)前輪駆動(FF)であれば、WLTCモードで18.6km/L、JC08モードでは「X/XS/G」が23.4km/L、上位グレードが22.8km/L、四輪駆動(AWD)であれば、WLTCモードで17.4km/L、JC08モードでは全グレード共通で21.2km/Lとなっているので、ノンハイブリッド且つターボモデルでここまでの燃費が実現できるのは十分だと思いますね。

③:安全装備について

安全装備についてですが、これは新型「タント/タント・カスタム」でも採用されている次世代スマートアシストが搭載されます。
具体的には以下の通りとなっています。

【新型SUV「(仮)A-SUV」安全装備一覧】

[全車標準装備]
・衝突警報機能
・衝突回避支援ブレーキ機能
・車線逸脱警報機能
・車線逸脱抑制制御機能
・オートハイビーム
・標識認識機能(進入禁止)
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・コーナーセンサー

[上位グレード&メーカオプション扱い]
・全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)
・レーンキープコントロール(LKC)
・スマートパノラマパーキングアシスト
・パノラマモニター
・サイドビューランプ
・アダプティブドライビングビーム(ADB)

④:ボディカラーについて

続いてはボディカラー。
こちらもダイハツ新型「ロッキー」と同じ全11色(モノトーン8色+2トーン3種類)がラインナップ。
かなりイケイケな新色もラインナップされているので、カラー選びではちょっと迷いが生じそうですね。

【新型SUV「ライズ」ボディカラー一覧(10%税込)】

[モノトーン8色]
・[NEW]シャイニングホワイトパール:33,000円
・[NEW]ナチュラルベージュマイカメタリック
・[NEW]ターコイズブルーマイカメタリック

・[NEW]マスタードイエローマイカメタリック
・レーザーブルークリスタルシャイン(有料色):33,000円

・ファイアークォーツレッドメタリック
・ブラックマイカメタリック
・ブライトシルバーメタリック

[2トーン3種類]
[ルーフ]ブラックマイカメタリック×[ボディ]ターコイズブルーマイカメタリック(有料色):55,000円
[ルーフ]ブラックマイカメタリック×[ボディ]ブライトシルバーメタリック(有料色):55,000円
[ルーフ]ブラックマイカメタリック×[ボディ]シャイニングホワイトパール(有料色):77,000円

⑤:グレード別の価格帯について

最後にグレード別価格帯をご紹介。

【新型SUV「(仮)A-SUV」グレード別価格帯】

[前輪駆動(FF)+10%消費税込]
○X・・・1,679,000円
●XS・・・1,745,000円
○G・・・1,895,000円
●Z・・・2,060,000円

[四輪駆動(AWD)+10%消費税込]
○X・・・1,918,800円
●XS・・・1,984,800円
○G・・・2,133,700円
●Z・・・2,282,200円

以上が、トヨタ新型「ライズ」の最新情報となります。
なお今回の取材にて、見積もり内容やセールスさんの試乗感想記事もまとめていますので、以下の関連記事を参考にしていただけたらと思います。

▽▼▽新型「ライズ」関連記事5選はコチラ!▽▼▽

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう