これは一体?ランボルギーニ「ウルス」の開発車両がニュルブルクリンクにて登場。サーキット専用モデル?それともハイパフォーマンスモデルか?

2020-05-27

~2021年に登場すると噂されるハイパフォーマンスモデルか?~

ランボルギーニは先日、2020年から始まるワンメイクレースシリーズ専用モデル(トロフェオシリーズのミサノワールドファイナルにてレースデビュー予定)となる「ウルスST-X(Lamborghini Urus ST-X)」が世界初公開されますが、今回ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて、ST-Xとは異なるハイパフォーマンスモデルもしくはサーキット専用モデルと思わしき開発車両が目撃されています。

今回登場している個体は、既存の量産モデル「ウルス」に似たデザイン性を持つものの、スタイリングにおいては僅かに微調整が入り、更にフロントボンネットには謎のマスキングテープが貼付されていることが確認できますね。
その他にもルーフレールやブラックのアクセントカラーが追加され、フロントロア部に独特の形状を持つフロントロアスプリッターが装着されています。


~エンジンはおそらく流用、エアロパーツ等も最小限の変更に留まる?~

こちらはフロントデザイン。
確かにST-Xのような過激なルックスを持っていますが、なぜこのタイミングで開発車両が登場してきたのかは一切不明。

気になるパワートレインとしては、従来モデルが排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650hp/最大トルク850Nmw搭載しますが、もしかすると更にここから出力アップする可能性が高いかもしれませんし、車体重量においても大幅な軽量化が施されることが予想されています(ST-Xであれば車体重量は550kg軽量化され1,650kgを実現し、インテリアにはロールケージやレーシングシート、消火器等が装備されている)。

こちらはリヤデザイン。
ST-Xとは異なるシンプルなリヤディフューザー等が装着されていて、ルーフスポイラーレスでありながらもリヤスポイラーは装着されているので、やはりST-Xとはまた異なる新グレードが登場するのかもしれませんね。

【IS LAMBORGHINI TESTING THE NEW URUS STX AT THE NURBURGRING?】

☆★☆「ウルス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう