マツダ先代「CX-5」のパクリ?MGの中国専売モデルだった新型「HS」がマイナーチェンジを施し豪州でも発売!価格は約336万円から、ライバルはマツダ新型「CX-5」

2020-05-27

~どこかで見たことはあるものの何となく質感は高そうな中華SUVだ~

イギリスのスポーツカーブランドでお馴染みMGが、中国専売モデルとして発売したSUVモデル「HS」を、新たにマイナーチェンジを施してオーストラリア市場にて発売スタートしました。
今回のモデルは、VibeグレードとExciteグレードの2種類をラインナップし、それぞれ約336万円~/約368万円~にて販売されています。

MGにとって新型「HS」は、MG製品計画マネージャーであるAkshat Ahuja氏によれば、同社のフラッグシップモデルの一つであり、これまでで最もスタイリッシュ且つ洗練された個体であることから、他社競合モデルと積極的に対抗することができる一台と説明しています。


~グレードによって装備内容は異なるものの全体的に質感は高そう~

なおフロントデザインについては、マツダの先代モデル「CX-5」に酷似しているようにも思えますが、それよりも更に精悍さが向上しているようにも見えますね。
ライトについては、LEDデイタイムランニングライトが全グレード標準装備となり、エントリーグレードVibeはハロゲンヘッドライト、上位グレードExciteはフルLEDヘッドライトとLEDテールライトが標準装備されています。

ホイールデザインについては、Vibeが17インチアルミホイール、Exciteが18インチアルミホイールを標準装備しているとのことで、よりスポーティでダイナミックな足元を追究したい場合はExciteがオススメかもしれません。

~競合モデルはお察しの通りマツダ新型「CX-5」~

なお競合モデルとしては、トヨタ新型「RAV4」や三菱「アウトランダー」、そしてマツダ「CX-5」が対象となっているそうで、成長を続ける競争の激しいミディアムSUVセグメントとなります。

ボディサイズについては、全長4,574mm×全幅1,876mm×全高1,685mm、ホイールベースは2,720mmと非常に大柄で、同社にてラインナップしているコンパクトモデル「ZS」よりも、全長+74mm長く、全幅+21mmワイドで、全高-20mm低いことから非常にスポーティで近年のクーペSUV風なワイド&ローを意識した一台となります。

トランク容量も非常に充実していて、463L収納が可能となっていて、2列目のシートをフラットに倒せば1,287L収納可能となっています。

気になるパワートレインについては、排気量1.5L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力170ps/最大トルク250Nmを発揮。
トランスミッションは7速ツインクラッチトランスミッションを搭載します。

☆★☆MG関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Caradvice

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう