BMW新型「X2 PHEV」の開発車両が登場!ナゼかフォグランプはダミーテープ?全体的なカモフラージュ無しでフロントフェンダーには充電ポート有りで

2020-05-27

~かなり堂々としたPHEVモデルの開発車両が登場~

BMWのコンパクトクロスオーバーモデル「X2」に、待望のプラグインハイブリッド(PHEV)モデルと思われる開発車両が登場。
カモフラージュラッピング等の偽装は無く、ボディカラーは「X2」から誕生したガルバニックゴールドに身を纏ったド派手な色合いとなっていますね。

今回目撃されている開発車両を見ていくと、真っ先に目が行くのがフロントフェンダーの充電ポートで、バッテリ充電を可能にすることとPHEVモデルであることをしっかりと示す内容になっています。
ただ、それ以外の外観についてはこれといった変更は特になく、基本的なスタイリングはガソリンモデルと変わらないことがわかります。


~よ~く見てみるとフォグランプはダミー仕様~

ただ、フロントフェイスを見ていくと、フロントヘッドライト下にあるフロントフォグランプがまさかの完全なるダミー仕様になっていることが確認できます。
この部分についてはフロントフォグランプレスになり、ダミーダクトが設けられることがわかっているので(既に過去に開発車両にて確認できている)、あくまでも偽装用として貼付されているだけかもしれませんね。

インテリアについては確認できないものの、基本的には既存モデルと変わらずだと思われ、しかしPHEV専用のインテリアデザインがラインナップされるのではないか?と予想されていますし、ハイブリッドシステムのステータスを表示を意味するインフォテイメントシステムが設定される可能性は高そうです。

気になるパワートレインについては、排気量1.5L 直列3気筒ターボチャージャーエンジン+電気モータとリチウムイオンバッテリを組合わせ、システム総出力231hp/最大トルク382Nmを発揮することが予想されています。
駆動方式は6速ATで、駆動方式は四輪駆動(AWD)を予定しているとのこと。

発表時期については明らかにされていませんが、恐らく2020年初め頃には詳細が明らかになるのではないかと思われます。

☆★☆「X2」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう