これはマジでカッコいいぞ!いすゞ新型ピックアップトラック「D-MAX V-Cross」の実車が登場!

2020-05-27

スポンサーリンク

~環境法規制の絡みが無ければ日本でも売れてたかも?~

2019年10月にタイ市場にて発表されたいすゞの新型ピックアップトラック「D-MAX V-Cross」が、先日より開催中のタイモーターエキスポ2019にて実車公開されました。
既にモータージャーナリスト向けに実車公開ならびに先行試乗会等は行われているそうですが、まだまだディーラでは実車展示されていないところも多いとのことで、おそらく一般ユーザー向けに公開されたのは今回が初めてではないかと思われます。

スポンサーリンク

~改めて新型「D-MAX」のフロントフェイスは、いすゞからは想像できないほどにアグレッシブ~

今回公開されている新型「D-MAX V-Cross」を見ていくと、フロントバンパーの一新が大きな変更ポイントであり、これまで以上にアグレッシブで、いすゞとは思えない程にグローバルでも十分に展開できる程のデザイン力に仕上がっているのではないかと思いますね。

特に”牙”をイメージしたかのようなクロームバーデザインにより、よりワイドな印象を与えるだけでなく、最近のトレンドになっているオラオラ顔に近いものがありますし、それでいていすゞのブランド力を大きく転換させてくれるような雰囲気さえも漂わせる程のダイナミックなデザインとなっています。

サイドからのスタイリングもかなりダイナミックで、タイ市場だけでなくアメリカ市場でも活躍しそうな程の重厚感がありますね。
積載量も十分にあると思いますし、4ドアモデルということもあって普段の移動用としても活用できるという点は高いと思います。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプが非常に立体的で、フラットではなく凹凸を付けるようなハウジングを設けているところはグッド。

~インテリアも上質ではあるもののオフロードモデルらしさもキープ~

インテリアはこんな感じ。
3スポーク式のステアリングホイールと多機能型スイッチが上手くミックスされ、更にセンターコンソールにはオフロードモデルとは思えない程に上質なシフトブーツ付のシフトノブを採用し、更にハンド式のサイドブレーキを搭載することでオフロード感を強調しています。

シートは運転席のみ電動パワーシートとなっていますが、この装備も十分豪華ですし、ブラウン系のレザーシートというところも渋くて良い感じです。

後席はこんな感じ。
足もとのスペースはもちろんのこと、天井も高そうですし窮屈な感じではなさそうですね。
リクライニングできないのがちょっと残念ですが、大きささえ慣れれば特にこれといった不満とかは無さそうな気がします。

~改めて新型「D-MAX」の主要緒元を見てみよう~

ちなみに、今回のフルモデルチェンジによりプラットフォームが新しくなり、車体サイズは全長5,265mm×全幅1,870mm×全高1,790mmと、前世代よりも全長が-30mm短く、全幅が+10mm幅広、そして全高が-5mm低く重心も下がっていて、安定感を高めた走りを提供するとのこと。

パワートレインについては、大きく2種類がラインナップされるとのことで、一つは排気量1.9L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力150ps/3,500rpm、最大トルク350Nm/1,800rpm~2,600rpmを発揮。

もう一つは、排気量3.0L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力190ps/3,600rpm、最大トルク450Nm/1,600rpm~2,600rpmを発揮します。
気になる価格帯についてですが、約182万円~約416万円とかなり幅は広いですが、リーズナブルな価格帯から購入できるというのは非常に嬉しいですね。

☆★☆いすゞ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう