遂に来た!フルモデルチェンジ版・日産の新型「デイズ・ルークス」と思われる開発車両が登場。カクカクしたスタイリングは健在、プロパイロット採用で実用性も向上?

2020-05-27

スポンサーリンク

~ようやく新型「デイズ・ルークス」のテストカーが現れた~

国内某所にて、日産のフルモデルチェンジ版・新型「デイズ・ルークス(Nissan Dayz Roox)」と思われる開発車両が目撃されています(画像提供いただけたY様には心より感謝!)。
2019年3月に発売されたフルモデルチェンジ版・新型「デイズ」をベースとした軽スーパーハイトワゴンとして、2020年3月に登場予定となっていますが、残すところ約3か月となっていますし、そろそろテスト走行も最終段階に入ってきているのではないかと思います。

また今回目撃されている開発車両を確認していくと、リヤプロファイルのみでカモフラージュも分厚めとなっていますが、リヤテールランプのデザインを見る限りは、新型「デイズ」を継承した内容になっており、カクカクしたスタイリングも現行「デイズ・ルークス」に近いものがありますね。

スポンサーリンク

~フロントフェイスはやはり新型「デイズ」がベースでVモーショングリルも大口化に?~

残念ながら、今回の開発車両ではフロントフェイスを確認することはできないものの、おそらく新型「デイズ」がベースになるとのことで、フロントのVモーショングリルがより強調され、更にはノーマル仕様とハイウェイスター(Highway STAR)仕様でそのデザイン性とスポーティ性も大きく変化してくるのではないかと考えられます。

さすがに新型「デイズ」と全く同じフロントフェイスになるわけではありませんが、Vモーショングリルの面積がより一層大きくなる一方、車高も現行モデルより少し低く設定されることで重心を下げ、走行時の安定性を強化すると思われます。

~ナビゲーションディスプレイも最大9インチ採用の可能性が非常に高い~

続いてインテリアですが、いつもお世話になっている日産ディーラの担当セールスさんの情報によると、コチラも新型「デイズ」同様に最大9インチのナビゲーションディスプレイが設定される可能性が非常に高く、併せてエアコンのタッチディスプレイもドーナツ型からC字形状に変更され、すぐさま任意の風量に調整できるように改良されるのではないかと思います(あくまでも新型「デイズ」でのタッチパネルのデザインと操作性の評判が高ければの話ですが…)。

~安全装備も新型「デイズ」ベースでプロパイロットシステムも搭載へ~

最後に安全装備については、担当セールスさんによれば、現行「デイズ・ルークス」よりも更に充実し、これもやはり新型「デイズ」とほぼ同じ装備内容になるのではないか?とのこと。

ただし、車間と車線をキープするようなプロパイロットシステムやSOSコール(ヘルプネット)はさすがにオプション扱いになるそうで、特にプロパイロットシステムはターボモデル限定のメーカオプションになるのではないか?と言われています(この辺りは未確定)。

ちなみに、新型「デイズ・ルークス」に搭載されるであろう安全機能・先進技術の装備内容一覧は以下の通りですが、これら以外にも新たに装備されるかもしれない先進技術があるかもしれないとのことで、これについてもかなり注目が集められているそうです。

【新型「デイズ・ルークス」安全機能・先進技術の装備内容一覧】

・プロパイロット・システム
・SOSコール(ヘルプネット)
・ヒルスタートアシスト
・オートブレーキホールド
・電動パーキングブレーキ
・インテリジェント・アラウンドビューモニター
・ハイビームアシスト
・インテリジェント・オートライトシステム
・コンフォートフラッシャー
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェント・エマージェンシーブレーキ
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)
・エマージェンシー・ストップシグナル

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう