スズキが東京オートサロン2020の出展概要を発表!新型「ハスラー」始め、とんでもなくクールな新型「ジムニー・シエラ/スイフト・スポーツ」のコンセプトモデルを発表。このまま市販化希望なんですけど…

2020-05-27

~遂にスズキも東京オートサロン2020の出展概要を発表!~

2020年1月10日~12日まで、千葉県・幕張メッセにて開催される東京オートサロン2020に向け、スズキがカスタムモデルやコンセプトモデルの出展概要を発表しました。

今回発表される個体は、12月24日に初のフルモデルチェンジを果たした新型「ハスラー(Suzuki Hustler)」をベースとするコンセプトモデルや、まだまだ長納期状態となっている新型「ジムニー・シエラ」、そして今でも高い人気を誇る「スイフト・スポーツ」のカスタムモデルが出展されます。

具体的にどういったモデルを出展するのか見ていきましょう。


~早速出展詳細を見ていこう~

①:「ハスラー”ストリートベース”」

まずは上の参考出展車両となる新型「ハスラー」をベースとしたコンセプトモデル「ハスラー”ストリートベース”」。
マット系のライトブルーで、ドアサイドパネルには”Hustler”のビッグデカール、ところどころにはシルバーのメッキ調アクセントが追加されたストリートチックな一台に仕上げられています。

このモデルは、BMXやスケートボード、ダンスといったストリートスポーツを楽しむ若者の遊びの基地をイメージした提案型モデルということで、何と内装にはスピーカーとイルミネーションによるライブ会場のような音楽と光の世界を提供するのだそうです。

②:「ジムニー・シエラ”マリンスタイル”」

続いては、かなり人気が出そうな新型「ジムニー・シエラ”マリンスタイル”」。
乗用車タイプとなる「ジムニー・シエラ」をベースとし、大人のマリンレジャーをイメージした一台だそうですが、こちらもまた個性的なマット系に近いダークブルーに加え、まさに海の中をイメージしたかのような様々な模様のブルーでアクセントが加えられ、非常に深みあるデザインに仕上がっているのではないかと思います。

なおスズキによれば、こちらのカスタムモデルに加えて、小型艇「S17」も同時出展するとのことです。

③:「スイフト・スポーツ”カタナエディション”」

最後はコチラ。
まさか日本国内で本当に展示してしまうとは…
既に海外では特別仕様車として登場している大型二輪車「KATANA」とのコラボコンセプトモデル「スイフト・スポーツ”カタナエディション”」も出展へ。
何ともクールなシルバーカラーに、レッドのアクセントとエッジの効いたフロントエンド(フロントバンパーはスズキオリジナル)は何とも言えぬカッコよさがありますね。普通に日本でも市販化してほしい…

▽▼▽関連記事▽▼▽

もちろん、大型二輪車「KATANA」も同時出展し、ボディカラーや内装も上手くマッチさせているとのことですが、是非とも実車を拝見したいところです。

これらの他にも、通常の市販車として新型「ハスラー」×2台や、「ジムニー/スペーシア・カスタム/アルト・ワークス/スイフト・スポーツ/クロスビー」も出展されます。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:SUZUKI

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう