中国メーカ・グレートウォール(万里の長城)がインド市場向けに新型モデル3車種を発表。どう考えてもトヨタ・ホンダ・ダイハツに怒られそうなデザインだ

2020-05-27

スポンサーリンク

~これは本当にインド市場で市販化しちゃうの?~

中国の有名自動車メーカでお馴染みグレートウォール・モータース(Great Wall Motors)。
英語で「万里の長城」を意味するこの自動車メーカですが、以前このメーカが発表した新型ピックアップトラック「Pシリーズ」が、トヨタ「タコマ」とフォード「レンジャー」のパクりモデルではないか?という内容で大きな話題を呼びました。

そして今回、新たにインド市場向けに新型車3車種を発表するそうですが、それらのモデルが明らかに某メーカのモデルにそっくりと話題になっています。

たとえば、上の画像のピックアップトラック「H9」はトヨタ「ハイラックス」、右側のブルーのSUVモデル「H2」はダイハツ新型「ロッキー」、左側のエレクトリックコンパクトカー「R1」はホンダ新型「Honda e」にかなりそっくりなデザインに仕上がっています。

スポンサーリンク

~特に「R1」はホンダからお叱りを受けそうなデザインだ…~

こちらが中華製の次世代EVモデル「R1」ですが、フロントヘッドライトのデザインやスタイリングは完全に「Honda e」を意識していますね。
なお「R1」のスペックは一切明らかになっておらず、価格帯も全く不明なままとなっていますが、充電設備が全く充実していないインド市場にて売れるかどうかは正直微妙。

こちらが本物のピュアEV仕様となる「Honda e」。
足元のアルミホイールも結構似ているような気もしますね。

☆★☆中国専売モデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Autoca_India

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう