フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型「ムーヴ」にハイブリッドが登場するとの噂が浮上。第三弾となるDNGAモデル?エンジンはかなりの懸念材料に

2020-05-27

~先のこととは言え、一向に定まらない新型「ムーヴ」の登場時期~

さて、以前より定期的に公開しているダイハツのフルモデルチェンジ版・新型「ムーヴ(Daihatsu Move)/ムーヴ(Move Custom)」ですが、前回は2020年冬頃に登場する?という情報が自動車情報誌ベストカーによって報じられ、一方でいつもお世話になっているダイハツ・ディーラでは、2020年夏ごろに登場する?といった噂が浮上していましたが、今のところ2020年夏~冬にかけて登場するのではないか?という情報に加えて、少し遅れてハイブリッドモデルも登場するとの噂が浮上しています。

(もともと何も公式情報が無いので仕方ないのですが…)不確かな情報が二転三転するなか、自動車情報誌ベストカーによると、年末もしくは2021年にかけて、現在ラインナップされる自然吸気タイプの「ムーヴ」とターボタイプの「ムーヴ・カスタム」とは別に、新規ラインナップとして「ムーヴ・ハイブリッド」が登場する?というニュアンスにて報じています。


~ダイハツのハイブリッドシステムはどれだけのパフォーマンスを発揮する?~

ダイハツは現在、フルモデルチェンジ版・新型「タント/タント・カスタム」や新型コンパクトSUV「ロッキー」に採用されているDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を積極的に採用しており、今後の次期ラインナップモデルでも採用する予定となっていますが、その第三弾という形で新型「ムーヴ/ムーヴ・カスタム」に設定される予定となっています。

基本的なボディサイズは、軽自動車規格ギリギリに準じる形となりますが、こうしたプラットフォームを採用することにより、高剛性且つ軽量化を実現し、更には軽量化によるパワーバランス並びに加速力と実燃費の向上等、実用面において最も優れたパフォーマンスを発揮することができると評判が高いのですが…ここにハイブリッドシステム(おそらくマイルドハイブリッド?)を加味することで、車体重量の増加なども考えると、パフォーマンス全体がどのように変化するのか、更にはハイブリッドを採用することで価格帯がどの程度アップするのかが非常に気になるところではありますね。

~エンジンは基本的に流用されると予想するも一つ問題が…~

一方でもう一つ懸念されることとして、私が購入した新型「タント・カスタム」と同じKF型エンジンを引き続き採用するのであれば、エンジンプログラムの不具合によって度々発生しているエンジンが始動しないという問題も密かに隠れているわけで(詳細は以下の関連記事を参照)、こういったことも新型「ムーヴ」にて発生するのではないか?という不安は確実に残りますね(仮に対策プログラムがあったとしても、この問題が公になっていない以上は払しょくすることは難しい)。

仮に全く新しい型のエンジンを搭載するからといって、新しければそれなりの新規不具合が発生する?といった懸念ももちろん出てくるので、この辺りはメーカの信頼度が大きく影響するものだと思いますが、とりあえず今言えることは、新型「タント/タント・カスタム」で発生しているような問題を、次世代モデルでも同じように発生しないように注意してほしいところです。

☆★☆ダイハツ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう