あのスズキ新型「ジムニー」風のデザインを持つと噂のフルモデルチェンジ版・フォード新型「ブロンコ」。V6ツインターボ&MT採用で、300馬力超えもほぼ確実に

2020-05-27

~新型「ブロンコ」のデザインが徐々に明らかに~

既に量産仕様のフロントヘッドライトが完全リークし、それを基にした完成予想レンダリングも公開されているフォードのフルモデルチェンジ版・新型オフロードSUV「ブロンコ(Ford Bronco)」ですが、このモデルに関する新たな情報が公開されています。

Car&Driverの情報によると、そのデザインはジープやスズキ新型「ジムニー」に似ているとのことで、更に全体的なスタイリングについては「ブロンコRプロトタイプ」を上手く反映しているとのこと。


~先日リークしたフロントヘッドライトはどうやら本物のようだ~

そしてフロントフードはスクエア型、”BRONCO”バッジが貼付されたフロントグリル、円形のヘッドライトが期待できるとのことで、特に後者の円形ヘッドライトは、先日完全リークされたLEDターンシグナルとLEDライトリングも一致しているそうです。

上の特許画像も含めてみてみると、プラットフォームは新型「レンジャー」同様にT6アーキテクチャをベースにした改良版を採用し、リヤマウントのスペアタイヤ・ホイールは35インチのオールタイヤを装着した状態でもマウント可能で、2ドア/4ドアのバリエーションをラインナップ、そしてジープ「ラングラー」同様に取り外し可能なハードトップも採用するとのこと。
インテリアについては詳細な情報が無いものの、先代よりも耐久性を大幅に向上させることはもちろんのこと、防水を採用した電動パワーシートも設定されるそうです。

~パワートレインは直4EcoBoostだけでなくV6ツインターボもラインナップ?!~

そして最も気になるのがパワートレイン。
これまでは、排気量2.3L 直列4気筒EcoBoostエンジン(最高出力274ps/最大トルク420Nm)のみが採用される?という噂がありましたが、どうやらCar&Driverの情報によれば、排気量2.7L V型6気筒ツインターボエンジン(最高出力330ps/最大トルク542Nm)もラインナップするそうで、更にトランスミッションも10速ATとMTの何れかから設定が可能になるそうです。

ちなみに新型「ブロンコ」は2020年春頃にデビュー予定だそうで、価格帯としては約380万円からになる?とのことです。

☆★☆「ブロンコ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう