何コレ凄い!フェラーリ「458イタリア」ベースのレーシングカスタムモデル”ハローキティ・エディション”が登場!クロームパープル採用で更に過激デザインに

2020-05-27

~最近キャラクター系とスーパーカーがコラボするデザインが増えてきている?~

先ほど、日本を代表する過激チューナーのリバティーウォークがカスタムした「458イタリア(Ferrari 458 Italia)」をベースにしたワイドボディキット「LB★シルエットWORKS FERRARI 458 GTB JAPAN」を公開しましたが、今度は更に別の路線にて過激さを増した「458イタリア」ベースのレーシングモデル風「458GT3”ハローキティ・エディション”」が公開されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~「458GT3」をモチーフにしているところも、デザイナのセンスの高さを感じる~

ちなみに「458GT3」は、2009年のフランクフルトモーターショーにて発表されたレーシングモデルで、エンジンベースは「458イタリア」同様に排気量4.5L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載。直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.4秒で、最高時速は325km/hにまで到達します。

なお、今回公開されているモデルは、実際に存在する個体ではなく、あくまでもグランツーリスモスポーツにて公開された架空のオリジナルモデルではありますが、フロントフードやドアサイドパネルには、ハローキティのワンポイントステッカーが貼付され、更にボディ全体にはクローム系のパープルカラーとブラックカラーに身をまとったエクステリアデザインとなっています。

別の角度から見てみるとこんな感じ。
このデザイン結構エグイですね…明らかに日本国内の車検には通らなそうな巨大リヤウィングを装着し、リヤウィングサイドにもさりげなくハローキティのピンポイントアクセントが入っていますね。

~ハローキティ・エディションとは関係ないかもしれないが…かなりシュールなコラボも~

アメリカ・マイアミビーチにあるサウスビーチWホテルの正面にて、ケーニグセグのワンオフモデル「アゲーラXS(左)」と、世界限定20台のみとなるパガーニ「ウアイラBC(真ん中)」、ランボルギーニ「アヴェンタドールLP700-4(右)」が並べられ、更にはその後ろのミッフィーとハローキティとのコラボショットが話題に。

そもそもこの三台が揃うだけでも奇跡なのですが、ここにサンリオのキャラクターが組合わさるのは究極でありシュールの一言に尽きますね。

ケーニグセグ「アゲーラXS」×パガーニ「ウアイラBC」×ミッフィーちゃん。
イカつい車両と超絶癒し系キャラという真逆のコラボ。

ちなみに「アゲーラXS」は、「アゲーラRS」のアメリカ納車第一号であり、このオーナーであるクリス・シン氏たっての希望で「アゲーラXS」と名付けた僅か1台のみのモデルとなります。

ただこの個体が納車されたときには、「Karosserie Orange」と呼ばれるオレンジ色が採用されていたのですが、今現在はワインレッド系に変更されているという不思議。
もしかしたらカラーラッピングによるものなのかもしれませんが、詳細は不明となっています(フロントエプロンにある落ち葉がどうしても気になる…)。

ボディ全体がカーボンだらけの「ウアイラBC」と足元までカーボンと一切抜かりのない「アゲーラXS」。この2台の組み合わせはちょっと反則です(ちなみにこの2台だけ約4億円)。

この三台がなぜサウスビーチWホテルに集結したのかは不明ですが、いずれにしてもサンリオキャラクターとのコラボというのはそう簡単に見れるものではないので、この画像は非常に貴重なものだと思います。

☆★☆フェラーリ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Gran Turismo Sport

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう