何コレ凄い!あいのり・ラブワゴン仕様のダイハツ初代「タント・カスタム」が目撃される。更にルーフやピラーをブッた切る変態仕様【動画有】

2020-05-27

~未だにこういった過激なカスタムを施す人物がいるとは…~

国内某所にて、とんでもないカスタムを施したダイハツ初代「タント・カスタム(Daihatsu Tanto Custom)」が目撃に。
デザインを見るからに、過去にフジテレビが放送した恋愛バラエティ番組の”あいのり”に登場したラブワゴン仕様に過激カスタムされていますが、その拘りが色んな意味でぶっ飛んでいること何の。

まずボディカラーはオールピングにペイントされ、ドアサイドパネルには”あいのり”ロゴを追加。
足もとのアルミホイールは、純正のマルチスポークタイプながらもホワイトにペイントされ、勢い余ってしまったのかタイヤにもホワイトを追加しています。

更にフロントデザインを見ていくと、フロントバンパーにはブラックのペイントもしくはスプレーにレクサスのスピンドルグリルらしきデザインが描かれ、更にフロントエンドにはレクサスの”L”マークらしきエンブレムが描かれていますね(さりげなくフロントフードにはあいのりと掛けて”わるのり”と表記)。


~間違いなく車検は通らないであろう後戻り不可なオープン仕様~

サイドから見ていくとこんな感じ。
かなり衝撃的と言いますか…まさかBピラーやCピラーを完全にぶった切ってトップルーフを排除したオープン仕様(スピードスター?!)に仕上げてくるとは…
更にフロントウィンドウ上部にはパトライトが置かれ、おそらくはサイレンなども鳴るのではないかと思いますが、そもそもなぜこのような過激カスタムが施されたのかが気になるところですね。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤハッチガラスは排除されていますが、リヤテールゲートはそのままなんですね。
一応リヤテールランプやエンブレム、ナンバープレートは残されているのですが、リヤドアを開けるときはどのようになるのか気になるところです。

おそらくではありますが、さすがにこのままで車検は通らないと思うので、車検を通した後にルーフなどをぶった切ってのカスタムを施しているのだと予想。
あとは、よく走行中に警察に捕まったり見つからなかったりしなかったなぁというのが正直な感想ですね。

~海外にはもっとぶっ飛んだカスタムモデルが存在する~

1977年に発売スタートし、約40年経過した今でもフルモデルチェンジせずに販売を続け、つい先日ようやく2020年モデルとしてビッグマイナーチェンジを果たしたことで話題を集めたロシアの自動車メーカ・ラーダ「ニーヴァ(Lada Niva)」ですが、このモデルをロシア人ユーチューバーであるiling show氏が、世界で最も車高の低いモデルに改造し世界で大きな注目を浴びています。

上の画像を見てもお分かりの通り、地面に埋められたかのような錯覚にも陥るほどに低すぎる「ニーヴァ」。
元々はオフロードでも走行できるようなクロカンモデルとして登場したはずなのですが、ここまでガッツリ車高を下げられると(シャコタンレベル)、オフロードはおろか、オンロード等の普通の公道でも走ることが難しいのではないかと思いますね。

ちなみにこのユーチューバーiling show氏は、廃車扱いっとなっているモデルを独自のカスタムも加えて修理する車屋さんということで、エンジンなども友人や知人等から購入するなど、かなり車に対しての熱意が強い人物でもあるようです。

改造内容も変態だが、やることも基本変態のようだ

公道走行可能とするための規格は間違いなくクリアしていない違法改造仕様の「ニーヴァ」ですが、雪も降っていて気温も非常に低いロシアの街中を、フロントウィンドウやサイドウィンドウも装着せず、更にはサンルーフをオープン(自作)にして走行するという変態っぷり。

足回りについては、油圧式のサスペンションをインストールし、ホイールもド派手で極太仕様を装着しているとのことですが、どうやらドリフトが可能となるように諸々のカスタムも施しているようです。

更にここから車高を落とすことも?!

ちなみにこちらが油圧式サスペンションで車高を落とす前(?!)のスタンダードな状態。
ってかエンジンが完全にむき出しになってホットロッド式になっていますね。

コチラが更に車高をダウンした状態。
これ以上ローダウンすると、タイヤとエンジンフードが接触するので、無理やりエンジンフードを肉抜きしているのがわかりますね。

いろんな意味で注目の的になっている「シャコタン・ニーヴァ」

車高を下げて早速近くのショッピングセンターにある立体駐車場へ。
周りにいるお客さんやカーミーティングで集まっているメンバーも大注目(っというか珍しいものを見るかのような表情ですね)。

何ともシュールすぎる映像です。

そしてドアは何と横開きではなく、マクラーレンやBMW「i8」、「ラ・フェラーリ・アペルタ」と同じバタフライ・ドアを採用。
より一層特別感が強調されていますが、おそらくここまで過激な「ニーヴァ」も存在しないのではないかと思いますね。

過去にライバルのスズキ「ジムニー」もシャコタン仕様で登場していた

そしてこちらは、ラーダ「ニーヴァ」のライバルモデルとなるスズキ「ジムニー(Suzuki Jimny)」。
過去にスタンスネーションのイベントにて登場したシャコタン仕様の「ジムニー」ですが、よくよく考えてみると、ここまで車高を下げまくった「ジムニー」も珍しいのではないかと思いますね(おそらく新型でもここまで下げている人はいないと思う)。

【Люди в ШОКЕ! Реакция людей на Самую Низкую НИВУ. Выезд ТЕКСТУРЫ】

☆★☆過激カスタムモデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう