フルモデルチェンジ版・BMW新型「4シリーズ・カブリオレ」の開発車両が一般人によりスパイショット!あれ?何だかカッコよく思えてきたぞ?

2020-05-27

スポンサーリンク

~巨大キドニーグリルは見慣れれば意外とカッコいい?~

以前、BMWのフルモデルチェンジ版・新型「4シリーズ・クーペ(BMW New 4 Series Coupe)」のフロント・リヤデザインが完全リークし、更に巨大キドニーグリルを搭載した開発車両が目撃されていましたが、今回は過激な巨大キドニーグリルを採用し、更にはオープンタイプの新型「4シリーズ・カブリオレ(コンバーチブル)」と思われる開発車両が目撃されています。

今回目撃されている個体は、ドイツ・バイエルンの公道にて撮影されたもので、ほんの一部カモフラージュされているものの、しっかりとそのデザインが主張された「コンセプト4」由来の巨大キドニーグリルが確認でき、更には新型「8シリーズ」からインスパイアされたアグレッシブなフロントヘッドライトが確認できますね。

あと、レンダリングや開発車両等で大分見慣れてきたのもあるかもしれませんが、見れば見るほどに巨大キドニーグリルを採用するモデルもカッコよく思えてきて、これも何れはレクサスのスピンドルグリルのように受け入れられるのかもしれません。

スポンサーリンク

~トップルーフはファブリックタイプで、車内のパーツ類も新型「3シリーズ」と共有へ~

サイドのスタイリングはこんな感じ。
トップルーフはカブリオレ専用の折り畳み式となるファブリックソフトトップを採用していますが、気温があまりにも低いのかちょっと氷が付着しているようにも見えますね。

新型「4シリーズ・カブリオレ」のプラットフォームやコンポーネントは、現在の新型「3シリーズ」と共有するとのことで、インテリアデザインやテクノロジー系、更にはパワートレインオプション、サスペンションなどもほぼほぼ共有されるとのこと。

気になるパワートレインについてですが、こちらも新型「3シリーズ」と同じ4気筒・6気筒エンジンをラインナップし、最上位グレードのMモデルともなると、「X3 M/X4 M」に搭載される排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力510psを発揮する可能性が高いとのことです。

なお、新型「4シリーズ・カブリオレ」は2020年末までに発表される予定で、本来であればパリモーターショー2020にて発表される予定でしたが、例の社会問題の影響によりパリモーターショーがキャンセルとなったため、おそらくはBMWのオンラインページにて発表される可能性が高そうですが、そもそも年内に発表されるかも危うい状況にありますね。

☆★☆新型「4シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう