見慣れてくるとカッコいい?これまでリークされたBMW新型「M3/4シリーズ」を組合わせた予想レンダリングが公開に

2020-05-27

~ここまで思い切ったことをすると意外にも高い評価を受けるかも?~

以前、BMWの次期モデルとなるフルモデルチェンジ版・新型「M3/4シリーズ」と思われるフロント・リヤデザインが完全リークしていましたが、これに加えて過去これまで目撃されてきた開発車両を含めての完成予想レンダリングが公開されています。

上のレンダリングは、恐らく次期「4シリーズ・クーペ」もしくは「M4クーペ」ではないかと予想されますが、BMWが前回のフランクフルトモーターショー2019にて発表した「コンセプト4(Concept 4)」を忠実に再現した縦型のキドニーグリルを流用し(しかもメッキフレーム付)、メッシュデザインではなくフラットなバーが等間隔に並べられています。

足もとのマルチスポークタイプのアルミホールやワインレッドに近い引き締まったボディカラーとの相性も非常に良く、見慣れてきたせいか普通にカッコいいデザインにも思えてきました。

ちなみに新型「M3」の発表時期については、BMW M部門のトップであるMarkus Flasch氏の説明によれば2021年まで登場しないとのことで、非公式ではありますがMT/AT、そして後輪駆動(FR)/四輪駆動(AWD)がラインナップされる可能性が高いとのこと。


~これまでリークされた画像を見直してみよう~

ちなみにコチラが、新型「M3」のリーク画像。
カモフラージュ等は一切施されることなく、リヤテールランプは新型「3シリーズ」同様にレクサス風のL字型を採用。

空力パーツについては、リヤトランクスポイラーやボディカラーと同色素地のリヤディフューザー、ディフューザーと上手くまとめられている両サイド2本出しとなるクワッドエキゾーストシステム、あとはブラックのディテールアクセントが加わったリヤロアバンパー等、かなり細かい造りを確認することができますね。

気になるパワートレインについては、排気量3.0L 直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載し、最高出力510hp以上を発揮することが予想されます。
発売時期については2020年が濃厚と言われていますが、恐らく11月下旬より開催されるロサンゼルス・オートショーにて出展されるのではないか?とのことです。

そしてこちらが大きく物議を醸している大口化された縦型キドニーグリルの新型「4シリーズ」と思われるリーク画像。
まさか過去これまでに登場してきた予想レンダリングや、コンセプトモデルからそのまま現実世界にて取り入れられるとは…新型「7シリーズ/X7」でも相当なバッシングがありましたが、個人的には見慣れればカッコいいとは思いますが、今回の新型でもそれなりの評価が下されるのではないかと思いますね。

☆★☆BMWレンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう