スズキ新型「ハスラー」をライバル視したダイハツ新型「タフト」のカタログ情報を入手!ボディカラーは9色、何とパノラマルーフは全車標準装備であることが発覚!

2020-05-27

~遂に新型「タフト」の細かな情報が明らかになってきたぞ!~

いよいよ6月に発売予定となっているダイハツのオフロード軽ハイトワゴン・新型「タフト(Daihatsu TAFT)」ですが、遂にこのモデルの簡易カタログ(リーフレット)情報が公開されましたのでご紹介させていただきます(画像を提供いただけたK様には心より感謝申し上げます!)。

新型「タフト」は、東京オートサロン2020にて公開されたコンセプトモデルをほぼほぼキープコンセプトのままに市販化する一台で、そのゴリゴリとしたオフロード&アウトドアスタイルは、スズキ新型「ハスラー(Suzuki New Hustler)」を競合視した一台となっています。
そんな新型「タフト」には、どんな装備が施されるのか、どのようなボディカラーが設定されるのかを早速チェックしていきましょう。


~何とスカイフィールトップは全車標準装備!~

まずはインテリアデザイン。
本モデルにて採用されるパノラマガラスルーフですが、正式には「スカイフィールトップ」と呼ばれ、更に全車標準装備になるとのこと。
紫外線や赤外線を減らすスーパーUV&IRカット機能はもちろん、更には開閉できるシェードも装備されているとのことで、非常に使い勝手は良さそうですね。

あとは、ダイハツの軽自動車では初となる電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドも標準装備されるのは嬉しいポイント。
その他にもスライド式カップホルダーや助手席側大型インパネトレイ、2層式グローブボックスも標準装備されることはもちろんですが、アウトドアモデルらしいオレンジのフレームアクセントや迷彩カラーのシートが採用されるのも非常にユニークですね。

~後席の使い勝手とフレキシビル性はかなり高そうだ~

そしてこちらは後席部分。
車中泊はもちろんのこと、長尺物も積載可能なフルフラットモードが装備され、更には汚れ難いシートバック加工を施しているところも流石の一言。
この辺りはスズキ新型「ジムニー(Jimny)/ジムニー・シエラ(Jimny Sierra)」の要素を取り入れています。

ボディカラーは全9色をラインナップ!

続いてボディカラーですが、全9色とカラフルなカラーたちがラインナップされていますね。
残念ながらトップルーフはブラックにできないようですが、スカイフィールトップが標準装備される影響で、ブラックっぽいトップルーフデザインになります。
ボディカラーは以下の通り。

・レイクブルーメタリック
・フォレストカーキメタリック
・サンドベージュメタリック
・レモンスカッシュクリスタルメタリック
・スプラッシュブルーメタリック
・ブラックマイカメタリック
・シャイニングホワイトパール(有料色)
・コンパーノレッド(有料色)
・ブライトシルバーメタリック

グレードと諸元内容は?

そしてグレードラインナップですが、大きくは自然吸気(NA)モデルとターボモデルの2種類で、それぞれに前輪駆動(FF)と四輪駆動(4WD)が設定されるようですね。
あとボディサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,630mm、最低地上高190mmとなっています。

☆★☆「タフト」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう