何コレ凄い!テスラ・モデル3をBMW3シリーズ風にカスタムしてみた。更に対抗すべくアウディRS3風にカスタムしたモデル3も登場

2020-05-27

スポンサーリンク

意外と有りそうで無かった”3”繋がりカスタムのモデル3

テスラのエントリーEVモデル・モデル3(Tesla Model3)をベースに、何とフロントエンドにBMW3シリーズ(3 Series)風のキドニーグリルを装備したユニークなカスタムモデルが目撃されています。

ナンバープレートのデザインから考えるに、おそらくはアイスランドにて登録されたモデル3ではないかと思いますが、おそらく”3”繋がりで独自にカスタムしたものだと思われ、しかしこういったシンプルでユニークなカスタムモデルが今まで存在しなかったのも不思議ではありますね。

なお写真はこの一枚だけとのことで、フロントバンパーを移植してキドニーグリル風のオリジナルバンパーを装着したのか、それともキドニーグリルのステッカーもしくはモディファイパーツをそのまま装着したのかはわからないものの、グリルレスのテスラにこうしたグリル有のパーツを装着するだけで、こんなにも印象が変化するのは驚きです。

スポンサーリンク

これだけで終わらないのが海外。今度はアウディの”3”繋がりカスタムとなるモデル3

そしてこれに対抗するかの如く、別のユーザーが投稿した画像がコチラ。

何とモデル3をベースにアウディRS3クワトロ(Audi RS3 quattro)風のフロントバンパーを移植した過激カスタムモデル。

しかもドイツ御三家のライバルにて対抗してくるところも流石ですが、ここまで思い切ったカスタムを施すモデル3も珍しく、しかもアウディのシングルフレームグリルもかなり圧縮しているようにも感じますが、そこまで違和感が感じないのも面白いところです。

こちらはリヤデザイン。

アウディに詳しい方であれば、すぐに何か違和感を感じるところはあると思いますが、あまり詳しくない方からすれば、リヤエンドにはアウディのエンブレムでもあるフォーリングスと”RS3”の専用バッジが貼付されているので、「こんなアウディもあるんだなぁ」ぐらいになりそう。

リヤテールランプはモデル3そのままですが、フロント・リヤデザインともに結構完成度は高いですし、かなり環境性能を配慮したスポーツモデルなのではないかと思いますね。

☆★☆テスラ・モデル3関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう