フルモデルチェンジ版・ホンダ新型N-ONEの開発車両が目撃に。デザインはほぼ変化無し?2020年秋ごろの販売は厳しいとの噂も

2020-05-27

スポンサーリンク

次期N-ONEのデザインが大幅に変更することは無さそうだ

三重県の某高速道路にて、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型N-ONE(エヌ・ワン)と思われる開発車両が目撃に。

既にホンダの公式ティーザーサイトでも、2020年秋ごろに登場することを示唆している新型N-ONEですが、今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、カモフラージュしているポイントはあくまでもフロント・リヤエンドのみで、それ以外の部分は特にカモフラージュしていないのが印象的ですね。

本来フルモデルチェンジする個体に関しては、プラットフォームやボディ形状を大きく変更することも多く、そうなってくるとカモフラージュはボディ全体にすることが殆どなのですが、今回のはフェイスリフトやマイナーチェンジレベルのカモフラージュになっていますね。

スポンサーリンク

新型N-ONEの外観をチェックしていこう

①:フロントデザイン

改めて新型N-ONEの開発車両をチェックしていきましょう。

フロントマスク部分にはカモフラージュが施されているため、デザインは少し分かりにくいですが、フロントヘッドライトは丸形のLEDデイタイムランニングライトと単眼LEDヘッドライトを装備し、丸みを強調させながらも瞳のように親しみやすい印象を受けますね。

更にフロントグリル形状は、現行モデルに比べて少し大口化し、エンブレムの両サイドに設けられていた水平基調のシルバーメッキ調のパーツが排除され、ちょっとスポーティな印象を受けるメッシュグリルを採用しているようにも見えますね。

あとはフロントフォグランプ?もしくは車幅灯と思われる水平基調のライトも確認できますが、現行モデルにて採用されていた丸形フォグランプは廃止となる可能性も高そうです。

②:リヤデザイン

こちらはリヤデザイン。

ぱっと見ではほとんど変化していないように見える新型N-ONEですが、よ~く見てみるとリヤロアバンパーには、メッキのガーニッシュが設けられず、その代わりとして両サイドに水平基調のリフレクターが設けられていますね。

もともとワイド&ローと台形の形状を意識していた現行N-ONEですが、次期モデルでもそのスタイルを変更することなく、しかしアクセントとなるパーツ部分においてのみ変更を加えている印象で、その変更レベルはマイナーチェンジ程度。

「本当にフルモデルチェンジするの?」と疑ってしまうほどですが、見た目ではわからないような、乗り味や質感の向上は期待したいところです(あとは電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドが標準装備されるのもグッドポイント)。

ちなみにこちらは、2020年1月に開催された東京オートサロン2020にて出展のN-ONE CAFE RACER CONCEPT。

新型N-ONEをベースとしたカスタムモデルで、リヤテールランプは上の画像のようにLEDを採用し、ウィンカー部分もLEDになることが期待されています。

本当に2020年秋ごろに発売されるのか?

気になる新型N-ONEの発売時期ですが、今のところ2020年秋ごろに登場すると公式ティーザーサイトでも発表しているものの、ディーラー情報によると例の社会問題の影響により時期が遅れる可能性もあるとのことで、この辺りは致し方ないところではないかと思います。

なお現行モデルは既に販売終了しており、見積もりなどの取得などは不可能になっていますが、6月~7月頃には、新型に関する詳細情報が展開されるかもしれないとのことなので、情報が入り次第当ブログにて展開していきたいと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

テスト車両スクープじゃ〜👍🏼💨💨 どこのだろ❓ 三重ナンバーってホンダ❓ #テスト車両 #スクープ #マガジンx

GABU & DONGURI(@donguri_gabu)がシェアした投稿 –

☆★☆新型N-ONE関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう