人気ユーチューバーがランボルギーニ・アヴェンタドールSVJをベースにしたマンソリーカスタムのカブレラを世界最速試乗!僅か3セットのみの希少なエキゾーストサウンドも【動画有】

その価値は1億円以上のカブレラ…早速大人気ユーチューバーがインプレッション!

スーパーカー/ハイパーカーといったエキゾチックなモデルから、カスタムカーまで幅広いレビューを行う大人気ユーチューバーのShmee150氏が、世界で僅か3セットしか販売されないマンソリーカスタムのカブレラ(Mansory Cabrera)を世界最速レビュー。

実はこのモデル、ランボルギーニが世界限定900台販売したアヴェンタドールSVJ(Lamborghini Aventador SVJ)をベースにしたカスタムモデルで、その見た目の不気味さはもちろんのこと、フロントを見てもパッと見ではアヴェンタドールSVJとは思えない程の変貌っぷり。

エクステリアやインテリアには贅沢と言わんばかりのカーボンが使用され、エンジンチューニングも施しているため、おそらく車両本体含めての総支払額は1億円を超えてもおかしくないレベルだと思われます。

※カブレラとは、ランボルギーニがこれまでネーミングしてきた伝統に則ったもので、スペインの有名な闘牛の血統名だそうですが、そもそもカブレラというのはランボルギーニのエントリーモデルとなるウラカン(Huracan)が発表される前に噂されていた名称(コードネームLP724)でもありますね。

早速、超希少なカスタムモデル・カブレラのインプレッションの続きを、以下の次のページにてチェックしていきましょう。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう