【価格は9,800万円!】超希少なフェラーリ488ピスタ・ピロティ・フェラーリが中古車サイト・カーセンサーにて販売中。その特別な装備と細部をチェックしていこう

488ピスタ”ピロティ・フェラーリ”の内外装をチェックしていこう

早速今回販売されている個体をチェックしていきましょう。

年式は2020年に納車されたばかりで、走行距離は僅か134km、そしてボディカラーはフェラーリの定番ともいうべきロッソ・コルサ(Rosso Corsa)ですが、センターに設けらた大きなホワイトのストライプとグリーン&レッドのストライプは、レーシングモデルとなる488GTEのイタリアントリコローレからインスパイアされた特別なカラーとなっています。

サイドのスタイリングはこんな感じ。

サイドスカートにかけてイタリアントリコローレカラーが採用され、ブラックに見えるパーツは全てカーボンファイバを採用した豪華仕様。

足もとには488ピスタにて採用されているカーボンファイバホイールを装着し、ブレーキキャリパはボディカラーと共通のレッド系となるロッソ・コルサに設定。


ステアリングにある謎の数字の正体は?

そしてインテリアは非常にシンプルなブラックとレッドのアクセントが入った2トーン仕様で、フラットボトムのステアリングには”36”のナンバーが追加されています。

これは、2017年のWECにおけるAFコルサの51号車がモチーフになっていて、本来であれば何も指定が無ければ”51”という数字が入るのですが、オーナーの希望で別の数字に変更することも可能なので、もしかするとオーナーにとって”36”は何か特別な意味となっているのかもしれませんね(36号車とか、フェラーリを購入して36台目とか…)。

シートは非常にシンプルなブラックとレッドのカラードステッチが入ったカーボンファイバーレーシングシートにフルアルカンターラを採用。

その他にもカーボンファイバインストルメントクラスタやカラードインナーディテール、シルバーデディケーションプレート、自動防眩ミラーなども装備されています。

何と価格は約1億円!

パワートレインは、488ピスタと同じ排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720ps/最大トルク770Nmを発揮し、直線性のパフォーマンスも0-100km/h加速時間が2.85秒で、最高時速は340km/hにまで到達。

なお気になる中古車販売価格は9,800万円からと超高額ですが、このモデルを購入できなかった人物からすると喉から手が出る程の超希少モデルだと思われますし、すぐに完売する可能性も高そうです。

☆★☆488ピスタ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:カーセンサー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう