【価格は348.5万円から】一部改良版・トヨタ新型カムリが2020年8月5日に発売スタート!更に40周年記念の特別仕様車WS”Black Edition”も発売へ

トヨタ・セダンの一部改良も抜かりなし!カムリも一気に商品力向上へ

2020年8月5日、トヨタのミドルサイズセダンとなるカムリ(Toyota Camry)が一部改良版として発売スタートし、1980年に初代セリカ・カムリ(Celica Camry)が誕生して40周年を迎えるとのことで、これを記念した特別仕様車カムリWS”Black Edition”も併せて発売されました。

今回の一部改良では、内外装の変更は特に無いものの、安全装備を更にアップグレードするために、アクセルとブレーキの踏み間違いやアクセルの踏み過ぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキPKSB(静止物)」と、一部改良前はオプション設定だったXにも標準設定することで全車標準装備に。

今後のトヨタ・レクサスのラインナップモデルでは、こうしたパーキングサポートブレーキにおいても積極的に全車標準装備する予定とのことで、駐車時に頻繁的に発生するアクセルとブレーキの踏み間違い防止を強化していきます。

更にドライバーの死角をサポートするブラインドスポットモニター[BSM]やリヤクロストラフィックオートブレーキRCTAB[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]をWSだけでなくGにも標準装備するとのことで、より一層商品力が向上することは間違いないでしょう。

特別仕様車WS”Black Edition”の装備内容は?グレード別価格帯は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう