【価格は257.6万円から】一部改良版・日産の新型セレナが2020年8月17日に発売スタート!安全装備とユーティリティ向上で商品力も更にアップ

2019年8月のマイナーチェンジから丁度1年で一部改良へ

日産は、2020年8月17日にファミリーミニバンモデルとなるセレナ(Nissan Serena)を一部改良し、発表・発売スタートしました。

今回のモデルでは、内外装のデザイン変更は一切なくあくまでも安全性の向上をメインにしているとのこと。

具体的な安全性向上と変更内容としては、以下の通り。

・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報):全車標準装備
・プロパイロット:ハイウェイスターV/ハイウェイスターG/e-POWER ハイウェイスター V/e-POWER ハイウェイスターGに標準装備
・インテリジェントルームミラー:XV/ハイウェイスターV/e-POWER XV/e-POWER ハイウェイスターVへとメーカーオプションの範囲拡大
・USB電源ソケット:1.0A→2.4Aに変更


なお、今回の一部改良による全方位運転支援システムの装備内容は以下の通りとなります。

・アダプティブLEDヘッドライトシステム or ハイビームアシスト(グレード別設定)
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)+LDW(車線逸脱警報)
・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)

新型セレナのグレード別価格帯は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう