日本メーカ >スズキ

遂に来た。スズキの新型「ジムニー」がセールス向け先行展示会にて登場

2018/06/15

先日、スズキの新型コンパクトオフロードSUVモデル「ジムニー」と思われる個体が、同社工場裏の駐車場にて目撃されていますが、今回は同社セールスマン向けの先行展示会に登場。

正面から見るスタイリングとしては、旧規格の「ジムニー」の要素を大きく取り込んでいて、フロントヘッドライトやフロントグリルのデザイン等は、角を付けたようなジープ「レネゲート」のようにも見えます。

新型「ジムニー」の最新情報はコチラ!→→→スズキ・新型「ジムニー・シエラ」出荷待ちを目撃?簡易カタログ配布してるディーラも有り、オプション追加情報等(2018/6/15投稿)

スポンサーリンク

なお、今年後半に発売予定となっている新型「ジムニー」には、「スペーシア」にも搭載されるデュアルセンサーブレーキサポート(自動車ブレーキ)が搭載される可能性がありますが、レーダーは搭載されていないとしてアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)の設定は無いと予想。

ブラックのウィンカー付サイドミラーについては、耳たぶのようなものが付いていることが確認できますね。もしかすると全方位カメラがオプションにて設定されるのかもしれません。
そして最も気になるフロントヘッドライトですが、こちらはプロジェクター式となり単眼のLEDヘッドライトが装着されると予想。

パワートレインについては、「ジムニー」が排気量660cc 直列3気筒ターボエンジンを搭載しますが、併せて販売が予定される「シエラ」に関してはエントリーモデルが排気量1.2L 直列3気筒ガソリンユニットを搭載すると予想され、トップエンドモデルには、「バレーノ」ベースの排気量1.0L 直列3気筒ブースタージェットエンジンを搭載し、最高出力110hp、最大トルク170Nmを発揮すると考えられます。
シャシーは、従来通りのラダー・オン・フレームシャシーを採用し、駆動方式は四輪駆動(AWD)を搭載。

価格帯については不明ながらも、欧州での「ジムニー」熱は相当に高く、新型モデルにおいてもヨーロッパでの売上高を20%増にすると考えており、オフロード機能を損なわずにより良いロードハンドリング性能を抑えたモデルとして消費者を誘惑していきます。

箱型のレトロ風味を活かした「ジムニー」ですが、レトロフィットサイズは増える可能性が高く、しかしインテリアについてはタッチスクリーンとインフォテイメントシステムを備えた「スウィフト」から派生するダッシュボードを適用させるものと考えられます。

なお、新型「ジムニー」の世界デビューは、早くとも10月の東京モーターショー2018を予定しており、日本をはじめ2019年の第一四半期までには世界中の市場にて販売が行われます。

【「ジムニー」関連記事6選】
2019年モデル・スズキの新型「ジムニー」の量産モデルをスパイショット。10月の東京モーターショー2018にて世界デビュー予定【動画有】(2018/5/31投稿)
スズキ・新型「ジムニー」の製品モデル画像が公開。発売は今年(2018年)後半予定(2018/4/10投稿)
スズキ・新型「ジムニー」が今夏に登場?まずは欧州から販売スタートか(2018/2/6投稿)
スズキ・新型「ジムニー」の新たなデザイン画像がリーク。複数のボディカラーと細部のパーツも確認可能に(2017/10/1投稿)
スズキ・新型「ジムニー」の販売計画を公開。人気の高い欧州での販売を30万台に引き上げる計画に(2017/10/6投稿)
20年ぶりとなるスズキの新型「ジムニー」。まさに欧州オフロードモデルを彷彿させるスタイリング(2017/8/26投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >スズキ
-,