トヨタ「ラッシュ」の後継モデル・新型「ライズ」のカタログがまたまたリーク!今度はインテリアやトランク容量、安全装備も明らかに、ダイハツ新型「ロッキー」との違いも見てみよう

2019-11-01

~遂に新型「ライズ」のインテリアが完全リーク!~

11月5日にデビュー予定となっている、トヨタ「ラッシュ」の後継モデル・新型「ライズ(Toyota Raize)」ですが、既に外観のデザインも明らかになっており、積載中のスパイショットも明らかになっています。
そして今回、遂にインテリアデザインやトランク容量などを示すカタログ(パンフレット?)の一部が完全リークしています(参照:「LIFE AFTER 30」)。

早速上の画像の通り、新型「ライズ」のインテリアをチェックすることができますが、このモデルではグレードに関係なく「ファブリック・レッドパイピング(前席)/ブラック(標準)」が標準装備されるのですが、確かにブラックを基調としながらもシートの縁にはレッドのアクセントが追加されていますね。

そして基本的には、ダイハツ新型「ロッキー(Daihatsu Rocky)」のOEMモデルということもあって、外観は違えどインテリアはパーツがほとんど同じであることから、特に大きな違いはなさそうですね(強いて言うなればステアリングのエンブレムが異なるぐらい)。

スポンサーリンク

~メータ類はフルデジタルになる?~

改めて見直してみると、運転席のインフォテイメントシステムには、フルデジタルらしき加速度メータや速度値が示され、その隣にはディーラオプション扱いとなるナビゲーションディスプレイを装備。
ディーラ情報によれば、現在のトヨタのラインナップのように、ナビゲーションが表示されない・CD/DVDが挿入できないディスプレイオーディオではなく、(ダイハツと同じ)従来通りのナビゲーションとなります。

そのほかはゴツゴツとしたレイアウトで、サイドブレーキはハンド式、センターシフトもシフトブーツが採用され上質感がありますね。

via:https://response.jp/

ちなみにこちらがダイハツ新型「ロッキー」のインテリア。
デザインからレイアウト、パーツの配置までほぼ同じであることが確認できます。

~トランク容量はコンパクトSUVトップクラスのようだ~

続いてはトランク(荷室)容量を見て言いましょう。
コンパクトSUVクラスとしてはトップレベル(あくまでもトヨタのラインナップモデルのなかでの話)の369Lを実現しているそうで、後席をフロント側に倒さなくても十分なスペースを確保し、何より深さと高さがあるので、バックミラーからの視認の妨げになることが無さそう。
この辺りはトヨタ「C-HR」とは異なる実用性の高さを示していますね。

~安全装備もダイハツ譲り、充実した装備内容に~

そして最後は安全装備一覧。
トヨタモデルといえど、基本的にはダイハツからのOEMなので安全装備もスマートアシスト(SMART ASSIST)となっていますね。
ちなみに、安全装備搭載内容は以下の通りですが、グレードによってはメーカオプション扱いのものもあります。

【新型SUV「(仮)A-SUV」安全装備一覧】

[全車標準装備]
・衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
・標識認識機能(進入禁止)
・先行車発進お知らせ機能
・車線逸脱警報機能/
車線逸脱抑制制御機能
・ブラインドスポットモニター(BSM)

・オートハイビーム
・ブレーキ制御付誤発進抑制制御機能(前方・後方)
・コーナーセンサー(フロント2個/リヤ2個)

[上位グレード&メーカオプション扱い]
・全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)
・レーンキープコントロール(LKC)
・スマートパノラマパーキングアシスト
・パノラミックビュー
・サイドビューランプ
・アダプティブドライビングビーム(ADB)
・リヤクロストラフィックアラート(RCTA)

☆★☆新型「ライズ/ロッキー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:LIFE AFTER 30

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう