一部改良版・(米)レクサス新型RCが発売スタート!安全装備強化で特別仕様車ブラックラインも登場し、ブラックアクセントで更に引き締まったデザインに

日本市場向けの一部改良版・新型RC/RC Fももうすぐ発売スタート!

日本市場でも2020年9月より一部改良版として発売スタートするレクサスの新型RC/RC F並びに特別仕様車RC”Emotional Ash”ですが、北米市場では一部改良版(2021年モデル)並びに特別仕様車ブラックライン(Black Line Edition)が少しだけ早く発売スタートしました。

今回の一部改良では、リヤクロストラフィックアラート(RCTA)付きブラインドスポットモニター(BSM)が全車標準装備となり、更にエクステリアカラーは全8色に加えてグレシアンウォーターが追加ラインナップされます。


グレードラインナップはこれまで通り3種類

パワートレインについては、一部改良前と同じで排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力241hp/最大トルク350Nm)×8速ATを搭載するRC300と、排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジン(最高出力311hp/最大トルク380Nm)×8速ATを搭載するRC350、そして排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムのRC300hの全3種類をラインナップします。

このほかにも、F SPORTグレードをベースとした特別仕様車ブラックラインも追加ラインナップされ、北米市場限定350台のみ、グレードとしてはRC300/RC350の2種類から選択が可能となっています。

特別仕様車ブラックラインの装備内容と、日本市場向けの新型RCの価格帯は?以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう