トヨタ新型ヤリスクロスが爆売れ!既に1.5万台の先行受注が入り、9月末には3万台受注の可能性。気になる人気グレードや納期は?【動画有】

やはり新型ヤリスクロスは発売されてからの注目度が凄かった!

さてさて、2020年8月31日に発表・発売スタートしたトヨタのBセグメントSUVモデル・新型ヤリスクロス(Toyota New Yaris Cross)ですが、このモデルが発売されて1週間も経過していないにも関わらず、既に先行受注は1.5万台に突入し、2020年9月末までにはトータルで3万台受注を突破するほどの勢いがあるそうです。

自動車情報誌ベストカーによると、2020年9月上旬での新型ヤリスクロスの納期は約3か月ほどで、早くとも12月上旬には納車されるとのことですが、よほど「2021年モデルじゃないと嫌だ!査定価値が下がる!」という拘りを持たなければ、今のタイミングでオーダーするのもアリじゃないかなと考えています。

そして最も人気のあるグレードは、やはり最上位グレードのZだそうで割合的には約70%、その次が中間グレードのGで約25%、3番目がエントリーグレードの約5%だそうですが、BセグメントSUVとしては初の運転席のみ電動パワーシートを標準装備し、フロント・リヤランプがフルLED(G/Xはメーカーオプション)、合成皮革+ファブリックシートを標準装備するZグレードが人気なのはもちろんですが、トヨタがナチュラルに上位グレードへと誘導させる商法も大きく影響しているのだと思います。

新型ヤリスクロスの人気カラーや値引き額などは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう