【価格は155.7万円から】マイナーチェンジ版・トヨタ新型ルーミー発売!タンク廃止でオラオラ&ノア顔に。電動パーキング&オートブレーキホールドも標準装備へ

よりオラオラ顔になってマイナーチェンジした新型ルーミーを見ていこう

トヨタのハイトワゴンモデルとなるマイナーチェンジ版・新型ルーミー(Toyota New Roomy)が、2020年9月15日に発表・発売スタートしました。

今回のマイナーチェンジにより、姉妹車種として販売されてきたタンク(Tank)は完全廃止となり、新型ルーミーに統合することとなりますが、実はスタンダードグレードにおいてはタンクの要素がしっかりと用いられた一台にまとめられています。

一体どのようなデザインに仕上げられ、インテリアはどのように進化したのか、そしてグレード別の価格帯はどうなっているのかチェックしていきましょう。


新型ルーミーの外観をチェックしていこう

まずは新型ルーミーの外観をチェックしていきましょう。

先述の通り今回のマイナーチェンジでは、兄弟車種となるタンクが廃止となり、ルーミーに統合することとなりますが、ちょっと特殊なのがスタンダードグレードには「タンク顔」、カスタムグレードには「ルーミーカスタム顔」が設定されます。

新型ルーミー・スタンダード

まずはスタンダードグレードの新型ルーミーを見ていきましょう。

確かにフロントヘッドライトやフロントグリルデザインはタンクの要素を上手く流用、フロントロアに設けられたキーンルックグリルは独立し、その両サイドにはデルタ形状のインテークベゼルのようなものが設けられていますね。

新型ルーミー・カスタム

続いては新型ルーミーのカスタムグレードを見ていきましょう。

カスタムに関してはMC前のルーミーの出材要素を取り入れていますが、フロントのメッキグリルの主張が更に強くなり、現行ノア(Noah)のようなオラオラ顔に進化していますね(どことなく新型グランエースにも似ている気もするが…)。

そしてこちらが新型ルーミー・カスタムのリヤデザイン。

大きく変更されたのはリヤテールランプで、しっかりとクリアに変更されていますね(リフレクターはそのまま水平基調)。

残念ながらリヤウィンカーは豆球のままとなりますが、より立体感のあるデザインにまとめられていると思います。

新型ルーミーのインテリアはこうなっている

続いてはインテリアを見ていきましょう。

今回のマイナーチェンジでの最も大きな変化は、やはり電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドがカスタムのみ標準装備されたことですね。

しっかりとエアコンの物理スイッチ下に専用スイッチが設けられているのが確認できるかと思います。

あとは賛否両論あると思いますが、9インチのディスプレイオーディオが標準装備されるために、インパネにすっぽりと収められていたレイアウトが明らかに枠からガポっとはみ出すようになってしまったため、一気にデザインとバランスが崩れているように感じられます。

あとはステアリング上の多機能スイッチも一新し、レイアウトだけでなく全車速追従式のアダプティブクルーズコントロールやBluetooth関連(ハンズフリーテレフォン等)のスイッチもしっかりと設けられています。

このほかにも、義務的な変更ポイントとなりますがライトのダイヤルのデフォルトが”AUTO”に変更され、”OFF”が無くなったり、ウェルカムパワースライドドアやスマートフォンなどの充電用USB端子も標準装備となります。

ちまみにこちらがスタンダードですが、こちらは電動パーキングは標準装備されず、引き続き足踏み式のままとなります。

更に環境法規制の絡みから燃費表記はJC08モードではなくWLTCモードへと切り替えあとはシートベルトリマインダー警告もフロントだけでなく後席にも標準装備されます。

新型ルーミーのグレード構成やボディカラー、そしてグレード別価格帯は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう