【価格は155.7万円から】マイナーチェンジ版・ダイハツ新型トールが発売スタート。新型ルーミー同様にアグレッシブな顔つきで実用性も大幅向上へ【動画有】

新型ルーミーのデザインはこれまでになくウケが良いかもしれない

先ほど、2020年9月15日にトヨタのマイナーチェンジ版・新型ルーミー(Toyota New Roomy)が発売スタートしたとの記事を公開し、詳細な情報もお届けしましたが、今度は兄弟車種のダイハツ新型トール(Daihatsu New Thor)が同日にマイナーチェンジ版として発表・発売スタートしました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回のマイナーチェンジにより、外観の変更に加えて以下の装備が充実となりますが、基本的には新型トールと同じ内容となります(あくまでも一部)。

・電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドをカスタムに標準装備(スタンダードはG/Gターボに限りメーカーオプション扱い)
・9インチディスプレイオーディオ標準装備
・シート形状変更でホールド性アップ
・助手席アッパートレイを拡大(ティッシュ箱の収納可)
・電動パーキングブレーキ搭載で全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)搭載
・センタークラスターパネルにUSBソケット追加
・ウェルカムオープン機能追加
・タッチ&ゴーロック機能追加

新型トールのエクステリア/インテリアはどのように変化したのか?気になるグレード別価格帯は?以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう