待望の一部改良・レクサス新型RC/RC Fが2020年9月17日に発売スタート!RCは電動パーキング付き&特別仕様車Emotional Ash追加で576.9万円から

待望の一部改良版・新型RC/RC Fが発売スタート!

レクサス・ラインナップモデル(LX/LC/ES/NX/RX/CT/UX)の一部改良が続々と行われるなか、レクサスの2ドアスポーツクーペ・新型RC/RC Fも一部改良版として2020年9月17日に発表・発売スタートしました。

今回の一部改良では、新型RCの大幅な商品力アップに加えて、RC F SPORTをベースにした特別仕様車も登場しています。

早速どういったアップグレードが施されたのかをチェックしていきましょう。


一部改良に変更内容をおさらい!

RCのみ電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド採用!

そしてここからは、前回のブログ同様にRC/RC Fの変更内容をおさらいしていきましょう。

今回の一部改良では”RCのみ”電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドが全車標準装備され、RC Fは従来通り足踏み式を採用します。

これはかなり大きなポイントで、2020年11月5日に発表・発売されるビッグマイナーチェンジ版・新型ISでも電動パーキングブレーキを採用されるため、11月5日よりも後は実質足踏み式を採用するモデルはRC F/CTだけになります。

安全装備もアップグレード

もちろん、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドが標準装備されることでレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)+クリアランスソナーがRC全車標準装備されますが、RC Fはクリアランスバックソナーのみが標準されるのも嬉しいポイントですね。

オートヘッドライトの標準化やWLTCモード表記など

続いては義務的な変更ポイントとなりますが、新型RC/RC Fともにライトのダイヤルのデフォルトが”AUTO”に変更され、”OFF”が無くなります。

ライト関係に加えて、オートマチックハイビームもレバー式からスイッチ式に切り替わったのも嬉しいポイントではないかと思います。

更に環境法規制の絡みから燃費表記はJC08モードではなくWLTCモードへと切り替えあとはシートベルト警告もフロントだけでなく後席にも標準装備されます。

この他にも、Apple CarPlay/Android Autoといったマルチメディアアップグレード盗難防止機能も向上しているとのこと。

新型RC/RC Fのボディカラーラインナップとグレード別価格帯は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう