【倍率35倍以上!】ホンダ新型シビック・タイプR”Limited Edition”がオーストラリア市場でも抽選販売開始!限定20台に対し700人以上が事前登録する事態に

なお日本市場向けでのネット応募抽選は僅か10台のみ

さてさて、日本市場向けに関して2020年10月8日より発表・発売スタート予定となっているホンダのマイナーチェンジ版・新型シビック・タイプR(Honda New Civic Type R)と、11月30日に発売予定となっている日本限定200台のみの特別仕様車シビック・タイプR”リミテッド・エディション”(New Civic Type R Limited Edition)。

海外市場でも独自の販売方法で販売するも即完売で、その人気の高さは異常であり、オーストラリア市場では限定20台というかなり狭き門での抽選販売であることが明らかとなりましたが、既にネット抽選が行われ20台に対して700人以上が応募するための事前登録を行う事態となっています(倍率にして35倍以上?!)。


但しその内の1台は販売用ではなくプロモーション用→案の定炎上

ただ、この20台中の1台(しかもロットナンバーNo.AUS-001)に関しては、顧客用ではなくプロモーション目的として差し引かれるとのことで、厳密には19台のみの販売となるそうですが、これについてもタイプRファンから猛烈な批判があったそうで、恐らく完売してからも常軌を逸するような転売劇が繰り広げられるのではないかと予想されます(No.AUS-001の個体も、恐らくチャリティーオークションなどで出品され、とんでもない価格にて落札されると思われる…)。

なお、このネット応募は2020年10月1日~31日までとなるため、9月25日現在では700人以上の事前登録に留まっていますが、恐らく応募開始と同時にさらにとんでもない数の応募になることが予想され、それこそ倍率100倍を優に超えることも十分に考えられそうです。

抽選結果の発表については2020年11月に行われるそうで、当選された方は5,000ドル(約50万円)のデポジットを支払い、そのご商談を行う流れとなりますが、冷やかし程度で応募する方もいると思うので、その方がキャンセルすれば別の応募者を対象に抽選が行われることとなります。

ちなみにカナダでは、限定100台の特別仕様車が僅か4分で完売するという人気っぷりで、これに関してはネット抽選ではなく完全なる先着順(いわば早い者勝ち)。

日本市場向けのリミテッド・エディションはどのように販売される?気になる詳細は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう