フルモデルチェンジ版・インフィニティ(日産)新型QX60モノグラフが世界初公開!「彫刻と建築」からインスピレーションを受けた独創的なフォルムを見ていこう【動画有】

新型QX60モノグラフは圧倒的なデザインでプレミアムSUV市場を盛り上げる!

2020年9月25日に日産パビリオンにて、日産のプレミアムブランドとなるインフィニティよりフルモデルチェンジ版・新型QX60モノグラフ(Infiniti New QX60 Monograph)が世界初公開されました。

QX60が登場して10年近くとなりますが、今もなおインフィニティの主要モデルとして高い人気を誇り、今回のフルモデルチェンジ並びにコンセプトモデルを提案することにより、更なる高みを目指したプレミアム3列シートSUVとしての地位を確立する一台になるのではないかと思われます。

今回発表された新型QX60モノグラフは「デザインスタディやコンセプト以上のもの」と表現され、2021年の市販化を向けた具体的なデザインであるとして、ほぼこのルックスで登場することは間違いないと言われています。


デジタルピアノキーヘッドライトの採用やグロスブラックアクセントで高級感を演出

改めて新型QX60モノグラフのフロントマスクを見ていきましょう。

インフィニティは、今回のモデルの細部に強いこだわりを示していて、ダイナミックで目立つフロントグリルの両サイドに「デジタルピアノキーヘッドライト」を備えることで更にアグレッシブさと精悍さを強調しています。

更にヘッドライトの直下には垂直のエアインテークを設け、更にその下にはボディカラーと同色のスキッドプレート、そして素地タイプではなくグロスブラックのクラッディングを設けることで高級感を演出しています。

建築や彫刻からヒントを得たデザインと独創的なトップルーフは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう