ボルボS60/V60/XC60等1万台超えの珍しい大量リコール!エンジン冷却装置が不十分で火災…ワイパーの不具合で視界が悪くなる恐れも

最悪の場合、火災が発生する恐れアリ

ボルボS60/V60/XC60など4車種・計2691台にリコール。

リコールの内容としては、エンジン冷却装置においてエア抜き設計が不適切なため、修理等により冷却水を再充填する際、専用特殊工具を正しく使用しない場合、冷却装置からエアが抜けないことがあるとのこと。

そのため冷却が不十分となり、最悪の場合、エンジンルームが火災に至るおそれがあるとしてリコールを届け出ています。


対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

これによる事故や不具合は発生しておらず、本国メーカーからの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[S60]
・LDA-FD4204T/YV1FSA8RDG2390206 ~ YV1FSA8RDH2422840/平成 27 年 6 月 16 日~平成 28 年 7 月 26 日/362台

[V60]
・LDA-FD4204T/YV1FWA8RDG1285143 ~YV1FWA8RDH1337238/平成 27 年 6 月 16 日~平成 28 年 8 月 26 日/1,151台

[XC60]
・LDA-DD4204TXC/YV1DZA8RDH2000095 ~YV1DZA8RDG2927609/平成 27 年 6 月 16 日~平成 28 年 8 月 15 日/854台

[V60クロスカントリー]
・LDA-FD4204T/YV1FZA8RDG1004652 ~ YV1FZA8RDH1024265/平成 27 年 7 月 31 日~平成 28 年 7 月 26 日/324台

改善措置としては、全車両、エンジン冷却装置にエア抜きホースを追加するリコール作業を実施するとのことです。

更にボルボから別の大量リコールも…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう