アストンマーティン新型V12スピードスター・プロトタイプの公式画像が公開!筋肉質なフロントマスク…マットブラックで更に不気味な顔つきに

優雅さと美しさを持つアストンマーティンだが、これに関しては不気味さが強い

フェラーリ・モンツァSP1/SP2(Ferrari Monza SP1/SP2)やマクラーレン・エルヴァ(McLaren Elva)、そしてランボルギーニSCV12スピードスター(Lamborghini SCV12 Speedster)をライバルとしたアストンマーティン究極のオープンモデル・V12スピードスター・プロトタイプ(Astonmartin V12 Speedster Prototype)が世界初公開されました。

このモデルは元々2020年3月に発表された一台で、特定のVIP顧客のみに提供される”妥協のない特別な2人乗り仕様”ということで、スクリーンレス採用の特注スーパースポーツモデルとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽


生産台数は僅か88台、価格は競合スピードスターでは最も安価な約1.1億円

なおV12スピードスターを製造するのは、豊富なレースの歴史からインスピレーションを得ているとして、製造できる台数も88台と限られており、アストンマーティンのQ部門にて特別に生産され、価格帯も約1.1億円と超高額(それでも先ほどの競合モデルに比べたら最も安い)。

そして今回改めて公開されているプロトタイプモデルですが、ボディカラーは何とも不気味なマットブラック仕上げではあるものの、なぜかイギリスの政府機関である運転免許庁には”グリーンカラー”にて登録されているとの珍事も。

原因はよくわからないものの、とりあえず搭載されるエンジンは排気量5.2L V型12気筒ターボチャージャーを採用し、最高出力 約700hp/最大トルク753Nmを発揮、トランスミッションは8速AT/駆動方式は後輪駆動(FR)を搭載します。

新型V12スピードスター・プロトタイプの滑らかなボディスタイルのインプレッションと過激なインテリアは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう