マイナーチェンジ版・三菱の新型エクリプス・クロスの最新ティーザー画像が公開!何と全長は140mm延長で優雅に…アルミやメーター類も明確に【動画有】

新型エクリプス・クロスはダイナミックで優雅なSUVになるようだ

2020年度中(2021年3月末まで)にデビューすることが決定している三菱のマイナーチェンジ版・新型エクリプス・クロス(Mitsubishi New Eclipse Cross)ですが、今回新たなティーザー画像並びに映像が追加公開されました。

今回新たに追加されたティーザー動画では、新型エクリプス・クロスのドライバビリティ(Drivability)とデザイン(Design)が追加され、更にその中で三菱自動車工業・デザイン本部・デザイン戦略企画部プログラムデザインダイレクターの中神秀泰 氏が、マイナーチェンジにより全長140mm延長すると説明。

今回のマイナーチェンジにより、内外装デザインを刷新するだけでなくPHEV第二弾として新型エクリプス・クロスにPHEVグレードを追加することを明らかにしていて、バッテリーセルやモーター、充電ポートの関係からリヤオーバーハングをロングにしているため、これによって全長4,405mm→4,545mmへと大幅に拡大し、更に室内の居住性も強化していきます。

新型エクリプス・クロスの先行特別サイトでは、ティーザー画像全てが解禁!気になるその続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう