フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルのフロントマスクは、これまで目撃されてきた開発車両で間違いないようだ!ディーラースタッフも量産デザインを確認済

栃木県などで度々目撃されてきたこの開発車両は、やっぱり次期ヴェゼルだった

2021年4月~5月に発表・発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、今回のモデルに関していつもお世話になっているホンダディーラーから連絡があり、最近行われた新型車勉強会並びに研修会に参加した際、新型ヴェゼルについても少しだけ触れられ、量産デザインを画像にて確認してきたとのこと。

その結果、これまで様々なところにてスパイショットされてきた開発車両とほぼ同じフロントマスクで、LEDデイタイムランニングライト(DRL)も上部に設けられ、現行ヴェゼルとは大きく異なる顔つきになることが明らかに。

そしてボディサイズについては、確かに新世代プラットフォームを採用するとのことですが、流石にCR-VのようなミドルサイズSUVにまでサイズアップすることはなく、現行から若干サイズアップする程度に抑えられるとのことです(具体的なサイズ感については教えて頂けなかったようで、”若干”というニュアンスも気になる…)。

新型ヴェゼルの顔つきやヘッドライトデザインは新型オデッセイ風?パワートレインなどはどうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう