メルセデス新型AMG GT63 Sの故障が許せずにガソリンをまき散らし大炎上・焼き尽くす。Gクラスのヘリコプター落下に続きロシアはやることがクレイジー【動画有】

スーパースポーツを焼き払う前に、もうちょっと別の表現方法は無かったのだろうか…

以前ロシア人YouTuberのイゴール・モロス氏が、メルセデスベンツAMG G63(Mercedes-Benz AMG G63)のディーラー修理に満足できず、そのいい加減な対応に怒りが収まらずにヘリコプターを使って地上300mの高さから落下させて破壊するという過激動画が公開され話題を呼びました。

今回もそれと似たような事例が(しかもまたロシア…)発生したとして、メルセデスAMG GT63 Sを所有するYouTuberで人気ブロガーのミハイル・リトヴィン(Mikhail Litvin)氏が、自身の愛車を焼き払うというとんでもないVlog動画を公開しています。


GT63 Sの故障が絶えず、ディーラーに修理依頼しても全て拒否→「燃やす」

今回AMG GT63 Sを焼き払う理由というのは、先述のAMG G63同様に何度も何度も絶えず故障していたとのことで、ディーラーは全く修理対応しなかったそうです。

ミハイル・リトヴィン氏によれば、これまで5回もディーラーに修理依頼し、車をそのままディーラーに放置して帰ったそうですが、ディーラーは一切修理することなく、そのまま数週間もディーラー内にて保管したまま放置したこともあったそうです(勝手に車を送り付けて放置するのもちょっとどうかとは思いますが…)。

最終的には修理拒否並びに出禁対応してきたとのことで、この対応に同氏はさすがに我慢できず「マジ無理。コイツを燃やしてやる」と決心し、広い芝生にGT63 Sを持ち込んだという経緯があります。

そしてGT63 Sを芝生のど真ん中に置き、窓を開けっぱなしにしてトランク側へ。

何とトランクには大量のガソリンが…

一体何Lあるのよ…と言わんばかりの大量の燃料タンクが出てきますが、それだけメルセデスに対しての恨みや怒りが強いのでしょうね。

ただディーラーの対応に納得いかないからといって、さすがに車を燃やすという発想にまでは至らず、このあたりのクレイジーな考え方は海外ならでは。

このあと遂にAMG GT63 Sが燃える…そのとき彼は目を疑う行動に?!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう