ポルシェから全く見たことも無い未発表モデルのティーザーが公開!レーシングカーからインスピレーションを受けた究極の限定モデル?

限定モデル?それともワンオフモデル?全く情報の無い新たなポルシェが2台も登場!

ポルシェが突如としてSNSを通して全く新しいレーシングカーらしきモデルのティーザー画像を世界初公開しました。

今回公開されている画像は、ポルシェが一切告知などしてこなかった全く新しいオリジナルモデルで、恐らくは公道を走行できるような市販車などではなく、あくまでもレーシングカーとして限定されたワンオフモデルではないか?との見方もあるようです。

ティーザー画像以外は特にこれといった情報がないため何とも言えないものの、一応ル・マン24時間耐久レースにて優勝したレーシングカーがベースになっているとのことで、もしかするとプライベートチーム向けのトラックマシンの可能性も高そう。

「ル・マン24時間耐久レースにて優勝したレーシングカー」だけでは、あまりにも情報量が少なすぎると思うのですが、現時点で考えられることとしては1970年/1971年の耐久レースにて優勝した917Kや、1976年/1977年に優勝した936などが挙げられるものの、これらとティーザー画像との共通点は特に無し。


935モビーディックや911GT1からインスパイアされた究極のハイブリッドレーシングカー?

ただ、巨大なリヤフェンダーの形状を見る限りでは、935(別名:モビーディック)からインスパイアされたデザインですし、このモデルであれば1979年のル・マン24時間耐久レースにて優勝していますから、もしかしたら935の現代版と言う可能性も高そうです。

そして改めてティーザー画像を見直していきますが、先ほどの935以外にも更に現実的なモデルとして例を挙げるなれば、1998年に優勝した911GT1が最も妥当だと思われ、それ以外の956/962C/WSC-95との共通点は見られなさそう。

パワートレインについても何も明らかになっていませんが、圧倒的なパフォーマンスを提供するということであれば、919ハイブリッドEvoのように電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載してくることも十分に考えられるかもしれませんね。

550スパイダーからインスピレーションを受けたかのような公道モデル?

一方でもう一つのティーザー画像では、先ほどのレーシングカーとは異なり控え目なリヤクォータービューではあるものの、1950年代のレーシングカーからインスピレーションを受けた一台とのことで、しかもこのティーザーから確認できるのが、細長い「Little Rebel」と表記されたナンバープレートが装着されていること(ジェームズディーンのリトルバースタードモデル550スパイダーがモチーフ?)。

つまりは、先ほどのモデルとは異なってこちらの550スパイダーっぽい個体は公道走行可能な一台なのかもしれませんね。

この他にも小さなフロントガラスとエンジンベイのベントなどを見ていくと、現行911スピードスターを想起させるような部分もありますし、センター直結式のリヤテールランプなどは、現代版のデザインとして積極的に採用されていくのではないかと考えられます。

☆★☆ポルシェ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう