フルモデルチェンジ版・ホンダ新型シビックの開発車両が日本国内でも目撃に!しかも未だスパイショットされていないハッチバックだ!【動画有】

しかも日本国内で次期シビック・ハッチバックを目撃するとは…

2020年11月17日に世界初公開予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型シビック・プロトタイプ(Honda New Civic Prototype)。

前回は欧州にて開発車両が目撃されていましたが、今回は日本国内の栃木県宇都宮市の某交差点にてスパイショットされています(画像を提供いただけたY様には心より感謝!)。

早速スパイショットされた開発車両を見ていくと、ボディ全体には分厚めのカモフラージュラッピングにて偽装されているのがわかります。

ボディスタイルとしては、一瞬「セダン?」と思ったりもしましたが、トップルーフからリヤエンドにかけての流麗ラインがほぼほぼストレートであることや、トランク部分がフラットになっていないこと(あくまでも撮影されたポイントだけでの判断ですが…)を考えると、恐らくは次期シビック・ハッチバックなのではないか?考えられます。


セダンと比べてみるとリヤ付近は大きく異なる

こちらが欧州にてスパイショットされた次期シビック・セダンの開発車両。

トップルーフからリヤハッチかけて滑らかに下っていくラインは、4ドアセダンというよりもクーペに近い印象で、更にリヤトランクにかけてフラットになっているのが良くわかるかと思います。

改めて宇都宮市内にてスパイショットされた開発車両に戻ると、リヤオーバーハングは少し短めでファストバックっぽいグローバルなボディスタイルなのがわかります。

そしてフロントノーズは長めでフロントオーバーハングも少し長い印象を受けますが、現行モデルに比べて線が細く、キャビンも若干ではあるものの中央に寄り気味、スポーティという表現に加えてラグジュアリー系も強調付ける不思議な一台になりそうな次期シビック・ハッチバックですが、走りや乗り味、シートの座り心地もどのように仕上げてくるのか、どういったコンセプトで販売してくるのか注目したい所です。

既に完全リークしている次期シビック・ハッチバックのパ特許画像を見ながら、フロントマスクやリヤテールデザインがどうなるのか?セダンとどのように違うのか?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう