フルモデルチェンジ版・ホンダ新型シビック・プロトタイプの実車をインプレッション!LEDヘッドライトはこうやって点灯する…サイドスカートには”Honda Design”のアクセントも

現物で見ると更に高級感は増すものの、どことなく漂ってくるトヨタ感

2020年11月18日の日本時間午後12時に世界初公開された、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型シビック・プロトタイプ(Honda New Civic Prototype)ですが、早速このモデルの実車インプレッション動画が公開されているので、その詳細(ディテール部分)をチェックしていきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回実車として展示されたモデルは、次期シビック・セダンのイメージカラーにもなっているソーラーフレアパールという特殊カラーで、オレンジ系とレッド系を上手く組み合わせたような個性的な色合いにまとめられていますね(ちょっとレクサスのブレージングカーネリアンコントラストレイヤリングっぽい?)。

しかもそれ以外のアクセントは全てグロス系のブラックと言うのも素晴らしく、新型フィット4(New FIT4)のLUXEグレードでもグロスブラックによって高級感を演出しているので、もしかすると新型シビックもグレードによって色分けしてくる可能性が高そう。


グロスブラックのアクセントが何とも素晴らしい次期シビック・セダン

改めてフロントマスクを見ていくと、かなりワイド&ローを意識したスポーツスタイルで、極端に大きすぎない大口化したフロントロアグリルはトヨタのキーンルックグリル風。

ただこうやってブラックのアクセントを下側に集中させることで、更にローをアピールすることができるので、このあたりの魅せ方はホンダの上手いところだと思います。

もう少し近づいていくと、フロントインテークから中央に向かって流れていくフレームがグロスブラックに仕上げられ、しかもフロントヘッドライトの直下からフロントグリルの中央に向けて流れていくようなシグネチャーラインもグロスブラックに仕上げられていますね。

あとフロントノーズの先端は、どことなく新型フィット4のバンパーデザインを意識しているように見え、高級感やスポーティさの中に、親しみやすさも交えているように感じられます。

フロントヘッドライトとハイビームが点灯した新型シビック・プロトタイプのフロントマスクや、かなりオシャレなアクセントポイントなどは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう