フルモデルチェンジ版・ホンダ新型シビック・プロトタイプが世界初公開!その顔つきは新型アコード風…2021年春頃より北米より発売スタート【動画有】

遂に次期シビックの内外装が明らかになったぞ!

ホンダのフルモデルチェンジ版・新型シビック・プロトタイプ(Honda New Civic Prototype)が、2020年11月18日に世界初公開されました。

今回はあくまでもプロトタイプモデルなので、量産デザインから若干の変更が入る可能性もありますが、ほぼこのデザインにて市販化される予定とのこと。

今回のフルモデルチェンジにて11代目となる新型シビックですが、ボディスタイルは4ドアセダンタイプになると思われ、既に生産終了した現行モデルよりも洗練されたフロントマスクと高級感があり、その見た目は新型アコード(New Accord)風にも見えますね。

ちなみに発売時期については、今のところ2021年春頃より北米市場を中心に発売されるとのことで、その後シビック・ハッチバックやシビックSi、シビック・タイプRの新世代モデルが続々とプレビューされる計画とのこと。


スポーティよりも高級感の強い次期シビック・プロトタイプ

改めて新型シビック・プロトタイプのフロントマスクを見ていきましょう。

現行に比べてフロントフード位置やフロントマスク位置は低く、いかにも4ドアクーペ感の漂うスポーティな演出ですが、何よりも大口化したフロントロアグリルや逆L字のLEDデイタイムランニングライト、そしてブラックに引き締められたフロントグリルがスポーティな仕上がりになっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

次期シビック・プロトタイプのリヤデザインやインテリアも遂に明らかに!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう