【価格は159.9万円から】フルモデルチェンジ版・ホンダ新型N-ONEが2020年11月19日に発表!敢えて大きく変化せず「末永く愛されるクルマ」に【動画有】

遂に新型N-ONEが正式デビュー!

ホンダの軽トールワゴンタイプとなるN-ONEが、2020年11月19日にフルモデルチェンジ版として新しく発表され、翌日の11月20日に発売されます。

今回ホンダが発表した新型N-ONEは、Nシリーズの提案する「Nのある豊かな生活」という想いやコンセプトをベースに、日本の生活と時間を見つめて日々の生活に寄り添いながら長く使えて飽きがこない「末永く愛せるクルマ」を目指した一台とのこと。

これまでフルモデルチェンジと聞くと、プラットフォームの刷新はもちろんのこと、先代よりも大幅に変更されたフロントフェイスや内装が印象的ですが、今回の新型N-ONEではそういった大幅な変更は無く、これまで通り「丸・四角・台形」をテーマに、愛嬌のあるエクステリアを継承しています。


新型N-ONE独自のデザインを確立した一台

なおこうしたデザインは、乗用車の原点ともいえるN360から継承している「M・M思想」から生まれたものだそうで、新型フィット4(New FIT4)でも継承されている燃料タンクを前席の下に収めるHonda独自のセンタータンクレイアウトにより、ミニマルで心地よい室内空間を追求しているのも大きなポイントです。

このほかにも、全グレードにてフルLEDヘッドライト・リヤテールランプ、そしてLEDウィンカーを標準装備し、アップグレードしたHonda SENSINGの標準装備(装備内容は以下の通り)、そして上位グレードRSに関しては、軽自動車初となるFFターボ×6MTという過激な組み合わせを実現しています。

「いやいや、この時代に軽自動車で6MTとか売れないでしょ…」という意見もあるかと思いますが、どうやらホンダディーラーの情報によればRSグレードを購入される方の多くが6MTを選択しているそうです。

①衝突軽減ブレーキ<CMBS>
②誤発進抑制機能(CVT車のみ)
③歩行者事故低減ステアリング
④先行車発進お知らせ機能
⑤標識認識機能
⑥路外逸脱抑制機能
⑦渋滞追従機能付ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>(CVT車のみ)
⑧LKAS<車線維持支援システム>
⑨後方誤発進抑制機能(CVT車のみ)
⑩オートハイビーム

新型N-ONEのインテリアやグレード別ボディカラーと価格帯は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう