これは珍しい…2021年モデル・ポルシェ新型911GT3(992世代)とケイマンGT4RSの開発車両をスパイショット!ほぼカモフラージュ無しの丸裸状態

今まで有りそうで無かった組み合わせのスパイショットだ

ドイツ・アウトバーンの休憩所近くにて、ポルシェ911シリーズのハイパフォーマンスグレードとなる911GT3(992世代)に加え、ハードコア仕様のケイマンGT4RS(Porsche Cayman GT4RS)の開発車両が合わせて目撃されています。

現時点で具体的な発表日時は明確になっていない新型911GT3ですが(噂では2021年1月頃)、一般人によってスパイショットされた開発車両を見ていくと、カモフラージュはほとんどなく、一部ブラックのマスキングテープを貼付することで細かいボディラインをカモフラージュしているぐらいでしょうか。


テスト走行をしているのはヴァイザッハパッケージ装着車?

もう少しフロントを拡大してみましょう。

フロントノーズにあるエンブレムがマスキングテープによって隠され、どのメーカーの開発車両なのかわからないようにしていますが、完全にポルシェだと丸わかり。

ヘッドライトハウジングは変わらずの丸形で、四眼のLEDライトの中央には単眼ヘッドライトが埋め込まれていますね。

あとこの位置からですと、車内のヘッドレストにもマスタキングテープが貼付、ロールケージも装備されているので、もしかするとライトウェイト&ハイパフォーマンスオプションのヴァイザッハパッケージ設定車かもしれません。

他の角度からスパイショットされた911GT3の開発車両を見ていくと、ちょっと残念なポイントも…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう