これは珍しい…2021年モデル・ポルシェ新型911GT3(992世代)とケイマンGT4RSの開発車両をスパイショット!ほぼカモフラージュ無しの丸裸状態

次期911GT3はプラスチッキーでチープさが目立つ?

リヤデザインはこんな感じ。

911GT3のバッジもカモフラージュされていますが、992世代の象徴ともいえるセンター直結式のリヤテールランプや、ウィンカー部分もほぼ丸わかり。

水平基調のリフレクターや過激なリヤディフューザーが設けられていますが、よ~く見てみるとディフューザー周りのリヤロアバンパーはカーボンではなく素地ブラックのハードプラスチックっぽくも見えますね(一気にチープ感が増したような…)。

どうやらリヤウィングも何種類かラインナップされるようだ

マフラーはセンター2本出しで、リヤウィングはかなり過激な上にデッキリッドスポイラーも採用されていますが、どうやらグレードやオプションによって、ダックテールウィングを備えたモデルも存在すれば、更に過激さを増したGTレースカー並みの超巨大リヤウィングを装着したモデルも存在するようです。


発表まで待ち切れない新型911GT3

運転席がチラッと見えていますね。

ちなみにメーター系は既に完全リークしている通り、ポルシェ伝統の5連タイプを採用しつつも、中央の加速度メーターだけはアナログ、それ以外の両サイド2つのインストルメントクラスターはフルデジタルとなります。

足もとのホイールはセンターロック式で、アルミなのか鍛造なのかはわからないものの、極限まで軽量化を図った極細スポークタイプを装着(ヴァイザッハパッケージともなればマグネシウムホイールの可能性も?)。

ブレーキはPCCB(カーボンセラミック)ではなく、シンプルな鋳造製だと思いますが、オプションにて選択すればブレーキキャリパーはイエローになると思われます。

気になる新型911GT3のパワートレインは、排気量4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力550hp以上を発揮すると言われています。

一方でもう一つスパイショットされていたケイマンGT4も、排気量4.0L 水平対向6気筒エンジンを搭載し、最高出力500hpを発揮すると報じられています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

P O R S C H E(@porsche_rd)がシェアした投稿

☆★☆ポルシェ911関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう