【忘備録】フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーの6か月点検完了。点検内容や費用はいくら?万全のコンディションにて次のオーナー様へ

手放す前に最高のコンディションでお別れできて本当に良かった

[注意]私が購入したトヨタ新型ハリアーは既に売却済みですが、今回のブログは忘備録目的で既に実施している6か月点検内容をまとめています。

さてさて、2020年7月初旬に納車された私のトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)ですが、納車後約5か月で売却のため、最後に万全のコンディションにて手放せるよう、ディーラー推奨の6か月点検をお願いすることに(売却するとわかっていながら快く対応いただけたディーラーさんには心より感謝)。

新型ハリアーの点検に関しては、見積もり作成時に初回車検までのメンテナンスパックに加入しているため、過走行による頻繁的なエンジンオイル交換などが無い限り、全て無料での点検となるため非常にお得なんですね。


納車後6か月点検の内容はこうなっている

なおトヨタディーラーによると、点検にかかる時間は概ね30分~1時間(そのときに担当するスタッフが1人なのか2人なのかで時間も変動する模様)で、点検内容としては以下の通り。

【新型ハリアー6か月点検内容】

[エンジンルーム点検]
・ブレーキ液量、クラッチ液量(MT車のみ)
・エンジンの低速及び加速の状態
・エンジンオイル量・汚れ・油漏れ
・バッテリー液量、比重

・エンジンのかかり具合
・パワーステアリングベルトのゆるみ

[室内点検]
・ブレーキペダルと床板のすきま
・パーキングブレーキ引きしろ(踏みしろ)
・ブレーキの効き具合
・各種ウォーニングランプ
・前席シートベルトの損傷・ねじれ

[外回り・足回り点検]
・タイヤ空気圧
・タイヤの亀裂・損傷
・タイヤの異常な摩耗
・タイヤの溝深さ
・灯火装置・方向指示器の点灯・点滅、汚れと損傷
・ワイパーの拭き取り状態
・ウインドウォッシャーの液量・噴射状態

[下まわり点検]
・下回り(サスペンションなど)の損傷・油漏れ

上記の無料点検サービス以外にも、ディーラーによっては様々なサービスがある?そして売却後の新型ハリアーはどうなった?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう