フルモデルチェンジ版・ホンダ新型フィット4クロスターのカスタムモデルが遂にデビュー!オフロード色強めでかなり個性的な一台に【動画有】

何れはディーラーオプションにて市販化してほしいカスタムパーツ

ホンダは以前、2021年1月15日より開催の東京バーチャルオートサロン2021向けとなる、フルモデルチェンジ版・新型フィット4クロスター(Honda New FIT4 CROSSTAR)をベースにしたカスタムモデルと、N-VANベースの”3rd Place VAN”と呼ばれるカスタムモデルの一部を公開しました。

そして今回、東京バーチャルオートサロン2021の開催に合わせて、新型フィット4クロスターカスタムの公式画像を複数枚追加公開しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


マットベージュとのカラーリングで更にSUVらしさをアピール

今回新たに公開された新型フィット4クロスターカスタムを見ていくと、ボディカラーをマットベージュにすることでオフロード色を更に強く演出。

しかも隣には、ホンダの人気モデルとなるCT125ハンターカブが並べられ、同じカラーリングでコラボレーション。

足回り等を見ていくと、フロント・リヤフェンダーの素地ブラックとなるプロテクターパーツはそのままだと思われるものの、足もとのオフロード用ブラック鉄チンホイールや、オフロードタイヤは完全オリジナル(車高までは流石にリフトアップしていない?)。

これからアクティブな走りを見せてくれそうな力強いヴィジュアルですし、何よりも愛嬌のある新型フィット4の顔つきとの組み合わせもグッド。

新型フィット4クロスターカスタムのリヤデザインは?市販化については?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう