スズキ新型ジムニーが遂にインドでも生産・輸出スタート!更に5ドア版ジムニーは2021年7月デビュー、2022年に発売予定との報道も

当初の予定よりも早くインドにて生産・輸出スタートした新型ジムニー!

スズキは先日の公式プレスリリースにて、インドの子会社であるマルチ・スズキが新型ジムニー(日本名:ジムニー・シエラ)の生産・輸出をスタートするとして、日本の湖西工場にて生産されている輸出モデルと同じ仕様・品質となるよう、インド・グルガオン工場にて生産することを発表。

日本国内だけでなく、更なる生産・輸出を拡大することで納期を大幅に短縮、販売台数の増加を目指し、販売拡充のために中南米や中東、アフリカなどを仕向け地とする輸出専用モデルとなります。

インドにて生産される新型ジムニーですが、日本国内にて販売されているジムニー・シエラ同様に全長3,645mm×全幅1,645mm×全高1,720mmのボディサイズ、パワートレインは排気量1.5L 直列4気筒自然吸気エンジンを搭載し、トランスミッションは5速MT/4速ATの何れかから選択が可能となります。


5ドア版ジムニーは「3ドア版ジムニーの生産が開始して6か月後に発表」と報道

そんなインド政府が掲げる製造業振興策「Make in India」に貢献する新型ジムニーですが、一方で更に話題となっているのが5ドア版ジムニーの存在。

フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)並みに様々な噂が広がっている5ドア版ジムニーですが、海外カーメディアAutocar Indiaによれば、2022年にようやく生産・販売スタートするとのことで、発表・デビュー時期としてはそれよりも早い2021年内を目標にしているそうです。

しかもAutocar Indiaは、5ドア版ジムニーの発表は「これから6か月後」と具体的に示し、2021年7月末~8月頭には登場するという計算に。

なおスペックについても、3ドア版ジムニーに比べて全長は延伸され、ローレンジトランスファーケースに適合した排気量1.5L K15B型直列4気筒自然吸気エンジン(3ドア版と同じ)を搭載するとのことですが、エンジン出力やトルクが向上するかまでは不明。

モデル名称までは明確な情報は未だないものの、元々インド市場ではリーフスプリングジムニーことジプシー(つまりロングボディ版)が販売されていたため、これの正式な後継モデルとして、今後インド市場専売として販売される可能性も高いとのこと。

日本市場での5ドア版ジムニーの販売の可能性は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう