【価格は約842万円から】プジョー新型508PSE PHEVが遂に発売スタート!ノンハイブリッドのBMW M340i xDriveよりもスペックはチョイ低なのに高額だった件

プジョーもここまで高額になったのか…(日本での販売なら1,000万円超える?)

プジョーは先日、ドイツ市場向けとなるフラッグシップモデル新型508をベースにしたプラグインハイブリッド仕様の新型508PSE PHEVを世界初公開しましたが、今回ようやくグレード別価格帯が明らかとなりました。

新型508PSE PHEVのグレードは大きく2種類で、リフトバックモデルとステーションワゴンから選択が可能となります。

ちなみに各グレードの価格帯は以下の通り。

【新型508PSE PHEVグレード別価格帯一覧(ドイツ市場価格)】

◇508PSE PHEVリフトバック:約842万円(66,640ユーロ)

◇508PSE PHEVステーションワゴン:約858万円(67,940ユーロ)


低排気量&高出力でハイブリッドとしての燃費は50km/L

こちらが今回ドイツ市場向けモデルとして発表・発売スタートした新型508PSE PHEVのエクステリアデザイン。

パワートレインとしては、排気量1.6L 直列4気筒ターボチャージャーエンジン+2基の電気モーターを組み合わせることで、システム総出力360ps/最大トルク520Nmを発揮、駆動方式は四輪駆動(4WD)のみ、トランスミッションは8速ATを搭載します。

そして直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間は5.2秒、最高時速は250km/hにまで到達。

ちなみに、電気モーター以外に搭載される11.5kWhのバッテリーパックだと、バッテリーのみでの航続可能距離は42km、プラグインハイブリッドシステムとしての燃費は、WLTPモードにて50km/Lを実現します。

ノンハイブリッド仕様のBMWと比較してみると…?

ちなみにこのスペック、ノンハイブリッドシステムのBMW M340i xDriveと比較してみると、排気量3.0L 直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載し、最高出力374psを発揮し、0-100km/hの加速時間は4.4秒にて到達するため、508PSE PHEVに比べるとチョイ高め。

そしてドイツ市場での価格帯としては、約796万円(63,000ユーロ)からとなるため、新型508PSE PHEVよりも価格帯は約50万円ほど安いということになります。

スペックだけでなく、スタンダードモデルに比べて特別且つ充実した装備の新型508PSE PHEV…気になる装備内容は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう