フルモデルチェンジ版・レクサス新型NXが2021年9月頃に発売との噂。プラットフォームやパワートレインも一新し、エクステリアはマツダ風のロングノーズ?

但し、コロナ禍や半導体の供給不足で販売時期が遅れる恐れもあるかもしれない

いよいよ2021年夏以降に発売予定と噂されている、レクサスのフルモデルチェンジ版・新型NXですが、既に海外では開発車両もスパイショットされていることから、先行ティーザーページやティーザー画像なども公開される可能性が高く、もしかすると日本国内でも開発車両がスパイショットされる時期も近そう。

私も現行NXを所有していたため、今回の新型NXにはかなり注目しているのですが、どうやら信頼できる情報筋より、2021年9月頃に発売される予定とのこと。

ただ、昨今の諸事情による影響や、半導体の供給不足により生産が追い付かないという理由から、販売時期を若干を遅らせる可能性も十分に考えられるため、あくまでも参考程度という形で見ていただけたらと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽


新型NXでも非F SPORTはドット柄/F SPORTでメッシュタイプのグリルパターンを採用してくると予想

こちらが以前、海外にて世界初スパイショットされたフルモデルチェンジ版・新型NXの開発車両。

ボディ全体に分厚めのカモフラージュラッピングが施されていますが、レクサスのアイデンティティともいえるフロントのスピンドルグリルははっきりと確認することができ、更にほんの一部ではありますがフロントヘッドライトも確認できます。

少し確認しづらいとは思いますが、スピンドルグリルについては新型IS/RC/CT/RX/LCのように、非F SPORTはドット柄/F SPORTはメッシュグリルを採用していることから、おそらく新型NXも同様のグリルパターンを採用してくる可能性が高いです。

ちなみに、上の左側が非F SPORT(新型IS version L)で、右側がF SPORT(新型IS F SPORT)。

ぱっと見は同じように見えますが、間近で見てみるとグリルパターンが異なり、しかしいずれもスポーティでレクサス独自のデザイン言語を確立しています。

ヘッドライトの単眼LED/三眼LEDは現行と変わらず?

改めて新型NXの開発車両に戻りましょう。

こちらは先ほどの個体とは異なってルーフキャリが設けられていないシンプルスタイル。

ヘッドライト周りについては、グレードもしくはメーカーオプション扱いで三眼LEDが設定され、ウィンカーも流れるタイプのシーケンシャルもしくは点滅が採用されるものと予想されますが、非三眼LED(単眼LED)だった場合のウィンカーがどのように変化してくるのかも気になるところですね。

新型NXのプラットフォームやパワートレインも完全刷新?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう