茨城県にてスズキ・ジムニーとお見合い状態に→その後直進するもジムニーが暴走しあおり運転→危うく他車とも接触しそうに【動画有】

今回のトラブルは撮影車の予見能力にも原因があったのかもしれない

2021年1月に入ってから、自動車による死亡事故やトラブル、あおり運転などが頻繁的に発生していますが、今回はちょっとしたお見合い状態からあおり運転へと発展した非常に危険なトラブルが発生しています。

2020年6月30日から、あおり運転(妨害運転)の厳罰化により、悪質な車間詰めや進路妨害、執拗なパッシング等を行った場合、即免許取消しの対象となってしまいますが、今回もその例に近いあおり運転が行われています。


店舗駐車場から公道へと進入するジムニーの存在に気付いていたら、今回のトラブルは発生していなかった?

2021年1月20日、茨城県水戸市内の公道にて、ドライブレコーダーを搭載する撮影車が前方の白い車が右折するのを待ちます。

白い車が右折した後、撮影車は加速していきますが、上の画像の赤丸にもある通り、何やら対向車の陰から公道へと進入しようとするスズキ新型ジムニー(Suzuki New Jimny)の姿が確認できます。

この時点で撮影車はジムニーの存在に気づき、ブレーキをかけて道を譲っていたら状況は大きく変化していたのかもしれませんが、ここからちょっとしたハプニングが発生します。

危うくジムニーと接触しそうに…

自車の前方に進入してくるとは予想もしていなかったのか、全く存在に気付かなかったのかは不明ですが、危うくジムニーと衝突しそうになり急ブレーキ。

このあとスズキ・ジムニーとお見合い状態になり…何とか事故は避けるも、その後煽り運転へと発展!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう