フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルの最新動画が公開!e:HEVの力強い駆動力による雪上走行、そしてボディサイドには”Z”のテーピング?【動画有】

ようやくホンダ公式から新型ヴェゼルの新たな動画が公開

2021年4月23日より発売予定となっている、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、様々な自動車系YouTuberが新型ヴェゼルの内外装インプレッション動画を公開するなか、今回ホンダ公式からようやく新たな動画が公開されています。

とはいっても、完全に季節外れとなっている雪上走行動画となりますが、新型フィット4(Honda New FIT4)と同じ排気量1.5L 直列4気筒エンジンにデュアルモーターを組み合わせたe:HEVシステムを採用しながらも、バッテリー数は48個→60個、そしてローレシオ化していることもあって、トータルパフォーマンスは大きく向上しているのではないかと思われます。

早速ホンダ公式の新型ヴェゼル動画をチェックしていきましょう。


ワールドプレミア前の動画なのか、ボディ全体にはまだまだ分厚いカモフラージュが

こちらが今回公開された新型ヴェゼルの雪上動画。

ボディカラーはメテオロイドグレー・メタリックだと思われ、ホイールはブラックペイントで偽装されているものの、恐らく18インチを装着したe:HEZ Z(4WD)ではないかと予想されます。

なおホンダ公式が公開している今回の動画では、雪上での4WDの安定した走りだけでなっく、「ユーザーが様々な体験をし、ライフスタイルの可能性をどんどん広げていくための一つのきっかけになれば良い」とコメントしているところもグッド。

豪雪地帯での徹底した雪上走行により、安定した走りを提供

ちなみに、新型ヴェゼルがテスト走行しているところは、北海道上川郡鷹栖町にある本田技術研究所・鷹栖プルービンググラウンドとのことで、より険しい雪道での走行を可能にする徹底した足回りや、e:HEVシステムの改良による駆動力の応答性を向上させるなど、よりアクティブな仕上がりになっていることも注目。

私も四輪駆動(4WD)のe:HEV Zを購入しているため、今回の新型ヴェゼルの走りには期待したいところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

あとはアクセルを踏んだり戻したりすることで、「走る」「止まる」「曲がる」といった基本的な動作を、雪上でもダイレクト且つ精度を高めているところも注目すべきポイントだと思います。

新型ヴェゼルに貼付されているホワイトのテープは一体?

それにしても…新型ヴェゼルの開発車両に貼付されているホワイトのテーピングですが、フロントフードには”V”、サイドドアパネルには”Z”のデカールのようにも、もしかすると”VEZEL”と表現しているのかもしれませんね。

新型ヴェゼルでも、ホンダのアジャイルハンドリングアシスト(AHS)やトラクションコントロールシステム(TCS)を搭載。

カーブで限界に達しない普段のドライブ領域において、ここでアシストしてくれたら気持ちよく曲がれるというタイミングで車の内側の車輪に少しだけブレーキをかけ、本来なら大きく膨らむところをスムーズに曲がってくれるようにアシストするシステムとして作用するため、走りの楽しさの中に、隠れた安全機能を盛り込んでくれているところもグッド。

あとはローフリクションサスペンションにより、しっかりとした設置感を持たせることや、先述のTRCも雪上にてしっかりと働いてくれるため、雪道が苦手な方でも楽しく走れるかもしれません。

【新型 「VEZEL(ヴェゼル)」 雪上走行映像】

一方で新型ヴェゼルの公式ティーザー動画・インスタグラムには批判的な意見が多数…一体どのような意見が多かったのか?気になる続きは以下の次のページにてチェック!